もっともっと北海道~もっと知りたい知ってほしい北海道

北海道観光はじめ、北海道に関することを紹介しています

標茶町 道東観光の中心

f:id:Goldsky:20191021183701p:plain

赤い場所が標茶町

標茶町役場

〒088-2312
北海道川上郡標茶町川上4丁目2番地
電話:015-485-2111
FAX:015-485-4111

f:id:Goldsky:20191021184354j:plain

多和平

地図で見てわかるように、標茶町は道東観光エリアの中心にあります。車で道東エリアを観光するならここを拠点にすると、ほとんどの観光地が日帰り圏内です。例えば、釧路市まで約50キロメートルで約1時間、摩周湖まで約35キロメートルで約40分、屈斜路湖まで約50キロメートルで1時間、阿寒湖まで約66キロメートル 1時間20分位、羅臼までは2時間20分網走市までは2時間といったところです。また、標茶町内にも塘路湖やシラルト口湖、湿原展望台としては、サルボ展望台、サルルン展望台、コッタロ湿原展望台など見どころがたくさんあります。

標茶町への移住情報

標茶町は北海道の東部に位置し、総面積は1,099.37平方キロメートル面積を有する町で、南部は塘路湖を含む釧路湿原国立公園の湿地帯が広く分布し、北部は火山灰層に覆われた根釧台地が広がり、酪農を基幹産業とする田園地帯が広がっています。

ちょっとだけ移住(お試し暮らし)

1週間から3ヶ月程度の日程で町民と同様の生活が体験できるよう物件を提供してもらえます。

申し込み方法

標茶町ホームページより行政情報のプルダウンメニューから移住・交流をクリック後、「ちょっとだけ移住(お試し暮らし)」のページより詳細をご確認ください。

ページ下部にある標茶町お試し暮らし住宅使用申込書に必要事項を記載して標茶町役場移住相談ワンストップ窓口に郵送で申し込みください。

お試し暮らしの流れ

1.上記により、申し込みを移住相談ワンストップ窓口に郵送します。
2.申し込み期間終了後に使用者が決定されます。申し込み者が重複した場合は書類選考により使用者を決定します。
3.申し込み者には選考結果が通知されます。
選定された場合、使用許可書に記載された金額を指定口座に納付期限までに振り込みます。※期日までに振込できなければ使用できません。
4.使用許可書を持って標茶町へ行きます。

移住に関するお問い合わせ先
標茶町役場 企画財政課地域振興係(移住相談ワンストップ窓口)
〒088-2312 北海道川上郡標茶町川上4丁目2番地
TEL 015-485-2111 FAX 015-485-4111

標茶町での子育てについて

子育て応援チケット(みるくっく券)

標茶町では、出生届を提出するときに保健福祉課児童福祉係の窓口で手続きをすると、乳幼児一人につき、50,000円(額面1,000円)相当の子育て応援チケット(みるくっく券)が贈呈されます。※有効期間は1年間で、つり銭はありません。また、譲渡や売買はできません。詳しい要件についてはホームページでご確認ください。

乳幼児・小学生医療費助成について

町内に住所を有する世帯に属する乳幼児と小学生には「乳幼児等医療費受給者証」が交付され、医療費の一部が助成されます。詳しい要件についてはホームページでご確認ください。
※満12歳の誕生日以後の最初の3月31日までの小学生が対象となります。なお、助成を受けるためには、申請が必要です。

農業を始めたい方へ

標茶町で酪農にチャレンジしたい方に向け、2種類の支援があります。

夫婦で新規就農したい人(原則40歳以下の方)

相談・選考を経て、研修があります。
1.農業体験研修(3カ月~6カ月)-農業に適しているかを見極める期間
2.新規就農研修(原則2年間)-酪農作業全般の実践研修や新規就農研修施設での酪農座学研修・北海道立農業大学校での研修派遣・標茶町農学ゼミナールによる研修があり、手当は月額30万円以上支給(夫婦の場合)され、住宅は夫婦向け新規就農希望者住宅が用意されています。
3.独立就農-離農跡地での独立就農

ひとりで農業体験したい人

相談・選考を経て、研修があります。
1.農業体験研修(短期研修)
2.農業研修(最長2年間)-酪農作業全般の実践研修・新規就農研修施設での酪農座学研修・北海道立農業大学校での研修派遣・標茶町農学ゼミナールによる研修があり、手当は月額一人15万円以上支給され、住宅は新規就農者宿泊研修施設(しべちゃ農楽校)に居住することとなります。
3.法人などへの就農(最長2年間の研修後、町内の法人などへの就農が可能となります。)

www.town.shibecha.hokkaido.jp

標茶町で農業を始めたい方に向けたサイトです。詳しくはこちらのサイトでご確認ください。

標茶町担い手育成協議会
〒088−2332
北海道川上郡標茶町字オソツベツ982番地2
TEL 015-488-5811
FAX 015-488-5822

標茶町の就職情報

 ハローワークでの募集は下記のサイトでご確認ください。

www.hellowork.careers

標茶町の観光情報

多和平
goldsky.hatenablog.com

オオカミの森

住所:〒088-2464 北海道川上郡標茶町虹別原野 672-4
TEL:090-2077-4688

ここ、オオカミの森にオオカミはもういません。2017年7月に最後の一匹が他界してしまいました。定員15名まで宿泊できる施設は、今は自然教室や乗馬を体験することができます。

1.オオカミ自然教室 ※2,3月お休み。
参加料金:大人(中学生以上)3,000円 小学生2,000円

2.乗馬トレッキング ※2,3,8月はお休み
参加料金:牧草地コース(馬装、ウォーミングアップを含め、約1時間半)6,500円(保険料込)
牧草地+森コース(馬装、ウォーミングアップを含め約2時間)8,500円(保険料込)

詳しくは公式サイトでご確認ください。

標茶町博物館

 

住所:〒088-2261 北海道川上郡標茶町塘路原野北8線58番地9

TEL:015ー487ー2332/ FAX:015ー487ー2364

e-mail:nitai-to@sip.or.jp

標茶の自然豊かな環境の中、様々な生き物や植物、標茶町の歴史や文化、そして標茶町を中心に北海道東部の昆虫相解明のために生涯をかけて研究に取り組んだ飯島一雄氏のコレクションなどが展示されています。

■開館時間
9時30分~16時30分
■休 館 日
◎毎週月曜日(祝日が月曜日の場合、翌日休館)
◎年末年始(12月31日~1月5日)
  ※7月1日~8月31日まで休館日はありません。   
■観 覧 料
◎個人/220円(税込)
◎団体(20人以上)/160円(税込)
※高校生以下 及び 障がいのある方、70歳以上の方は無料。
※表示価格は税別となります。

塘路駅逓所


駅逓は、明治から昭和初期まで北海道辺地の交通補助機関として、宿泊・人馬継立・郵便などの業務を行う制度です。塘路旧駅逓所は明治23年に設置され、鉄道(釧網線)の開通とともに昭和3年廃止となりました。建物は漁業番屋として明治18年に建築され、特徴的な丸太組の構造をしています。標茶町博物館のすぐ近くに塘路駅逓所が復元保存されています。
◎7月〜10月より公開
◎入館料/無料

シラルトロ湖

住所:〒088-2266 北海道川上郡標茶町字コッタロ原野シラルトロエトロ茅沼

東岸を国道 391号線、西岸をJR釧網本線が通る。海跡湖であると言われており、ほとんど未開のままの姿を未だに残しています。特別天然記念物のタンチョウや天然記念物のヒシクイオオワシオジロワシのほか、オオハクチョウなど多くの水鳥が訪れる湖です。冬には、わかさぎ釣りも楽しめます。

標茶町の利点

自然に囲まれた静かな町。

撮影スポットが多い。

飲食店は結構ある。

標茶町の欠点

雪は少ないが、寒さは厳しい。

大きなショッピングセンターや娯楽施設(映画館など)がない。