新型コロナウィルス感染拡大防止のため観光地などの各施設は休業や短縮営業の場合があります。ご利用の際は、ご確認の上ご訪問してください。

もち米で日本一の作付面積を誇る名寄市の道の駅「もち米の里☆なよろ」

広告

北海道の道の駅「もち米の里☆なよろ」

名寄市は、古くからもち米作りが盛んで、水田のおよそ9割がもち米という、日本有数のもち米の産地です。

基本情報

住所
〒098-0507 名寄市風連町西町334番地1
電話番号
0165-57-8686
営業時間
売店
9:00~18:00
レストラン
11:00~17:00(LO/16:30)
スタンプ押印時間
開館時間に同じ
※休館日は押せません
休日
1月1日
その他情報

24Hトイレ⭕ 

レストラン(食堂)など⭕レストラン、テイクアウトコーナーあり。

EV充電スタンド❌ CHAdeMO中速 20kW / 1 台

車中泊🔺 コインランドリーがあり、トイレは24時間使用可能など、車中泊するには快適。マナーを守って利用してください。

設備(バリアフリー等) 身障者用トイレ、オストメイト機器、AED ほか

道の駅「もち米の里☆なよろ」のおすすめ商品

もち米が特産の名寄らしく、もち米を使った加工品がそろっています。もちろんもち米も売っています。

特産品販売コーナー

「もち米」使った加工品や、市内で製造するお菓子、そば等の特産品が揃っています。おすすめは看板商品の「ソフト大福」。冷蔵庫で冷やしても硬くなりにくく、夏季は冷たいまま食べられるようにできています。もともと「冬期間の出稼ぎ脱却」のためはじめた餅づくりが、年間需要につながり、大福へと進化。そしてできあがった商品がソフト大福なんです。この大福は名寄のもち米農家さんの努力と研究の結晶なんです。そんな大福には、塩豆、よもぎといった定番から、ハスカップ、かぼちゃ、バターコーンなど、種類が豊富で、好みのものを選べる楽しさもあります。ほかにもクリーム大福、おかきやどらやきなど魅力たっぷりの商品が揃っています。

農産物直売所

名寄は農業が盛んですから農産物の種類も豊富。カボチャやアスパラ、スイートコーン、スイカにメロン、いちごなど季節の農作物が並びます。夏期は道の駅入口横の農産物直売所、冬期は道の駅内売店で販売しています。

道の駅「もち米の里☆なよろ」の飲食情報

レストランのほかテイクアウトのフードコーナーもあります。

レストラン「風の寄り道」

地元の食材を多く使い、季節ごとに代わるメニューもあります。もち米の里ならではの「おもち」を使ったメニューや地元のそば粉を使った十割そばが売りのようです。チキンカレーはお急ぎの方におすすめ。「その他のメニューよりも優先にて提供します」とメニューに謳っています。このお店の誠意が伝わります。

営業時間:11:00〜17:00(LO16:30)
定休日:1月1日のみ 

※全面禁煙

テイクアウトコーナー

おこわやもち米の入った「もち米コロッケ」、「牛乳ソフトクリーム」などがあり、夏はテラス席もおめみえします。

道の駅「もち米の里☆なよろ」のおすすめポイント

道の駅の休憩・情報コーナーではコンサートやイベントが開催されたり、加工展示室では、なよろのもち米を使った自動餅つきの実演なども行なっています。

地域FM・Airてっし

地域密着型コミュニティFM放送「Airてっし」のサテライトブースがあります。名寄市周辺ではFMラジオ「78.8MHz」で聴くことができます。また、全国各地のFM放送をインターネットで配信するウェブサイト「インターネットサイマルラジオ放送」ならパソコンやスマートフォンでも聴くことができます。

公式サイトはこちらです。

道北名寄発 地域FM Airてっし 78.8MHz – 名寄市の情報拠点 コミュニティFM放送局

ブルーベリー狩りを体験

「道の駅もち米の里☆なよろ」敷地に隣接している日根野農園でブルーベリー狩りができます。会計の受付は、道の駅売店となっています。

【開園時間】   

10:00~17:00

※受付は16:30まで 

【料金】   

大人:500円(中学生以上)

子供:200円(小学生)

幼児・未就学児:無料

※別途、持帰容器分は100g:200円

 

プライバシーポリシー