もっともっと北海道~もっと知りたい知ってほしい北海道

北海道に住んでいてもまだまだ知らない北海道がたくさんあります。北海道の事を伝えることで自分でも北海道の魅力を再発見していきたい。

北海道はこんなところ

北海道についてどんなところかイメージしている方はたくさんいるでしょう。イメージと実際は結構違うことが多いのも事実。そこで私の思う北海道について紹介したいと思います。北海道しか知らない人間の北海道感をお知らせします。

広い北海道

北海道は広い。これは私自身感じています。日本の総面積のおよそ20%以上を占めるのですから普通に考えても広いことは分かります。実際、私自身北海道に生まれてずっと生活していますが未だに訪れたことのない地域が山ほどあります。距離にして○○から東京位とかよく聞きますが北海道に新幹線は今のところ函館(北斗市)までしか走っていませんので、距離感が違う気がしています。また、北海道では飛行機も道内路線飛んでいますが、移動の主流は車です。北海道で移動するとき「どこからどこまで何時間か」話題になると「何時間くらいだよ」の答えはたいてい車移動を考えて答えます。

自家用車が主流の訳

北海道でも路線バスはありますが、田舎の場合一日数本。ひどい所では朝夕1本ずつという路線もあります。飛行機に乗っても飛行機を降りた後、目的地方面迄バスで行きその後の交通手段に戸惑うことも少なくありません。例えば冬の寒空、次のバスが来るまで20分待てるでしょうか。この20分が夏には待てても冬はきついのが現実です。都会だと時間つぶしする場所もあるでしょうが、田舎には何もありません。ただひたすら待つしかないのです。そんな中移動手段を考えると、結局車に頼るしかないのが現実です。

もう一つ、北海道は運転していて気持ちがいい。道は広く一般道でも高速並みの道の広さがあります。毎週ドライブしている人も少なくないと思います。普段の移動手段は軽自動車、遠出の時はキャンピングカーなんていう家庭もあります。ドライブが好きな人なら北海道の夏は天国でしょう。

車移動で北海道を観光する場合、この広い北海道ですから、移動距離と時間を考えることが何よりも大切です。一度の北海道旅行ですべてを周ることは多分不可能でしょう。旅行の前に十分確認してくださいね。

北海道の気候

北海道は夏涼しくて冬は寒い。一般的にはそう感じる人がほとんどでしょうが、夏に30℃を超えることは少なくありません。特にここ数年ではそういう場所が増えているように感じます。反面、道東の太平洋沿岸や最北端などでは真夏でも夜は20℃を切る日もあります。ただ、北海道全般に言えることはどんなに暑くても夜寝苦しくなるほど暑い日は年間何日もないという事でしょう。北海道ではクーラーが一般家庭には普及していないことも頷けます。

一方北海道の冬は厳しさを感じている人がほとんどでしょう。その厳しさにも場所によって違いがあります。北海道でも雪の少ない場所があります。そういう所は寒さが厳しい。雪の多い所の方が気温は高い傾向にあります。雪が少なく寒さが厳しい所では舗装道路がブラックアイスバーンになります。この現象、道が凍っていることに気づかず追突事故の原因ともなっています。

雪で恐いのがホワイトアウト。自分がどこにいるかわからなくなってしまいます。一寸先は闇ではなく雪ですから、運転中は前の車が見えないし、最悪道を走っているかどうかもわからないほど。ただ、何十年も北海道にいて車を運転している私でもこの恐さを味わったのは数回、そんなときは車を停めて数分待てばたいていは天気は回復します。またひどくなったら車を停めてを繰り返せば安全なところまで移動できます。

車主流の北海道で冬の運転はつきものです。雪道なんて経験がないと思う方もいるかもしれませんが一冬もすれば大抵慣れます。雪道はほとんどの人が慎重な運転をしていますし、晴れた日に車の少ない道で練習してみると良いでしょう。そういう道もたくさんあるのが北海道です。

北海道の歴史とアイヌ民族

北海道の歴史を考えたときにアイヌ民族は切り離せません。この北海道に根差し住み続けていたアイヌ民族の文化が北海道の歴史の原点となっているように思えます。北海道の地名の元となっているアイヌ語もその一つでしょう。この北海道にはアイヌ民族の文化を学ぶ場所がたくさんあります。でも、自ら進んでそういう機会を作らなければ知ることはできません。アイヌ語由来の地名が多くある北海道で、アイヌ民族について学んでいただければと思います。ここにおすすめの施設を載せておきます。

【阿寒湖アイヌコタン】
住所:釧路市阿寒町阿寒湖温泉
休館日:不定
開館時間:9:00〜21:30(アイヌシアターイコロ)
入館料:中学生以上1,080円(アイヌシアターイコロ公演観覧料)
お問い合わせ:0154-67-2727
URL:http://www.akanainu.jp/

アイヌ民族博物館(白老ポロトコタン)】
住所:白老郡白老町若草町2-3-4
休館日:12/29~1/5
開館時間:8:45~17:00
入場料:大人800円/高校生600円/中学生500円/小学生350円
お問い合わせ:0144-82-3914
ホームページ:http://www.ainu-museum.or.jp/

【二風谷アイヌ文化博物館】
住所:沙流郡平取町二風谷55
休館日:11月16日〜4月15日の月曜、冬期(12月16日〜1月15日)
開館時間:9:00〜16:30
入館料:高校生以上400円 小中学生150円 ※20人以上団体料金
お問い合わせ:01457-2-2892
URL:http://www.town.biratori.hokkaido.jp/biratori/nibutani/

【札幌市アイヌ文化交流センター サッポロピリカコタン】
住所:札幌市南区小金湯27番地
休館日:月曜、祝日、毎月最終火曜、年末年始(12月29日〜1月3日)
開館時間:8:45〜22:00(展示室・庭園は9:00〜17:00)
入館料:展示室観覧料 高校生100円 中学生以下無料 
お問い合わせ:011-596-5961
URL:http://www.city.sapporo.jp/shimin/pirka-kotan/

【北海道博物館】

場所:札幌市厚別区厚別町小野幌53-2
休館日:月曜(祝日・振替休日の場合は直後の平日)、年末年始(12月29日〜1月3日)
開館時間:9:30〜17:00(10月〜4月は〜16:30)
入館料:総合展示室観覧料 高校生300円 中学生以下無料 
お問い合わせ:011-898-0466
URL:http://www.hm.pref.hokkaido.lg.jp/

【ウポポイ(民族共生象徴空間)】2020年4月24日オープン

場所:白老郡白老町若草町2丁目
休館日:毎週月曜日(祝休日の場合はその翌日)及び年末年始(予定)
開館時間:9:00〜17:00(予定)
入館料:未定
問い合わせ:011-206-7427 (公財)アイヌ民族文化財団民族共生象徴空間運営本部
URL:http://ainu-upopoy.jp/

北海道の楽しみ方

北海道の楽しみ方は車があるのと無いのとでは全く違ってきます。車がない場合は楽しみが半減するかもしれません。自分が車のない生活を考えたことがないので、車のない楽しみ方が解らないだけかもしれませんが。わかる範囲で北海道の楽しみ方提案してみたいと思います。

観光バスツアー

 北海道には温泉宿がたくさんあり、都市部近郊ではそういう宿の無料送迎もあるようです。車がなくても送迎バスを利用して温泉街を観光できます。また、旅行代理店の企画するツアーもたくさんあります。観光バスで観光地巡りも楽しめます。おいしい料理と豊かな景色・こういうツアーは大抵温泉が宿泊施設になっていますのでゆったり露天風呂も楽しめるかもしれません。

道の駅巡り

北海道には全部で2019年現在124か所の道の駅があります。中には休業中のところもありますので、その年により道の駅の数は変わってくると思いますが、道の駅が毎年主催している「北のスタンプラリー」の完全制覇を目指すのも面白いです。毎年4月に始まるこの企画は道の駅ならどこでもスタンプブック(台紙)を200円で購入できます。これを購入した時点でラリーに参加となりますので、スタンプブックを手に道の駅巡りをしていると、いつの間にか北海道を制覇した気分になれます。道の駅にはその土地の特産品などが販売されていますし、展示物もその土地の特色が現れているところが多く、道の駅に立ち寄るだけでもその土地について多くを学べると思います。

冬はウインタースポーツか引きこもり

 住む場所によりスキー場が近かったり、スケートリンクがあったりしますが、人口が多いのはスキーでしょう。多くの山にはスキー場があり、スキー旅行なんてかしこまらずともスキーを楽しむことができます。ただ雪の質にもこだわるなら住むところはニセコ周辺か大雪山系でしょうか。

北海道の家では冬の暖房が効いています。室内温度を上げて半そで短パンで過ごします。夏はドライブ冬は引きこもりという人も結構多いのではないでしょうか。実は私もその一人。冬の部屋でのアイスクリームは絶品。

 

以上私の思う北海道。北海道のおすすめ観光スポットとか少しずつ紹介していますが、あらゆる所が観光スポットでどこもすべてがおすすめなんです。都市部から車で30分も走ると豊かな田園風景が広がり、向こうには山々が連なっています。空気は澄んでいて海へ向かえば美味しい水産物が手に入ります。確かに交通の便が悪く、冬は厳しいけれどそれを帳消しにする良さがあると思っています。

プライバシーポリシー