新型コロナウィルス感染拡大防止のため観光地などの各施設は休業や短縮営業の場合があります。ご利用の際は、ご確認の上ご訪問してください。

うに丼が名物 道の駅「あぷた」

広告

北海道の道の駅「あぷた」

f:id:Goldsky:20210924212906j:plain

道の駅「あぷた」

建物の外観がないのも愛嬌と言う事で、この看板美味しそうですよね。この道の駅はうにが売りで、ウニを通年で提供しているんです。

基本情報

住所
〒049-5603 虻田郡洞爺湖町入江84番地2
電話番号
0142-76-5501
営業時間
4月~9月 9:00~18:00
10月~3月 9:00~17:00
スタンプ押印時間
開館時間に同じ
※休館日は押せません
休日
年末年始(12月30日~1月5日)
その他情報

24Hトイレ⭕ トイレは道の駅とは別棟となっています

レストラン(食堂)⭕テイクアウトも可能です

バリアフリー⭕ 身障者用トイレ・オストメイト・AED

EV充電スタンド

車中泊🔺 車中泊については禁止等の貼り紙はありません。

その他 漁港を見下ろせる高台にあるので景観がいい。近くに歴史公園もあります。

f:id:Goldsky:20210925235738j:plain

道の駅「あぷた」

道の駅「あぷた」のおすすめ商品

f:id:Goldsky:20210925235551j:plain

ちょくばい

地場産品直売

洞爺湖町で生産された農産物や新鮮な魚介類・地元の加工業者さんなどなど、洞爺湖町の美味しいものが並んでいます。そんな中おすすめはホタテウニはお買い得。産地やお値段は時期により変わるようです。また、レストランのメニューにもなっている「噴火湾ほたてっ子カレー」はレトルトカレーでも売っています。

道の駅「あぷた」の飲食情報

f:id:Goldsky:20210925235630j:plain
f:id:Goldsky:20210925235652j:plain
座席からは内浦湾が一望できます

レストラン

レストランでのおすすめはうに丼。ただ、ウニは通年出しているため、時期によって産地が異なります。道内産にこだわっているようですが、冬季の収穫数が少ない時には、海外のものを使用することもあるので産地を確かめてから注文しましょう。確認方法は簡単。「本日のウニは〇〇産」と明記した案内板がります。良心的な対応に頭が下がります。うに丼はご飯にのせずに折で出てきます。刺身のように食べても、どんぶりにど~んと載せても、好きなようにお召し上がりくださいとの事です。うに丼の事ばかりになってしまいましたが、「噴火湾ほたてっ子カレー」も美味しいし、「ホタテコロッケ」も美味しかった。刺身やウニが苦手ならカレーをお勧めします。席はイートインコーナーのようになっています。

【営業時間】

11:00~14:00

テイクアウト

レストランメニューの中にはテイクアウト可能なメニューもあります。また、おにぎりやパンなどもの軽食やスイーツも。おすすめは「季節限定の野菜スイーツ」(10〜4月末限定メニュー)。旬の野菜と、地元の小麦粉と卵を使った、美味しくてヘルシーなスイーツです。

レークヒル・ファーム

毎朝、牧場で搾乳された新鮮な牛乳を使って作ったアイスクリームを販売しています。近隣農家で採れる果物や野菜を使用し、甘さを控えめにしたジェラートは、季節限定の味もあり、時期によって違う味を楽しむことができます。

 

道の駅「あぷた」のおすすめポイント

f:id:Goldsky:20210925235611j:plain

道の駅の一角に「あぷた歴史コーナー」が設けられています

あぷた歴史コーナー

お食事の前か後にはちょっと一息。本の一角にあるコーナーですからちょっと見る程度ですが歴史を感じることができます。

道の駅周辺

f:id:Goldsky:20210925235534j:plain
f:id:Goldsky:20210925235459j:plain
すぐそばには漁港が

歴史公園

右手に虻田漁港を一望できる駐車場があり、その反対側に「虻田歴史公園」があります。「虻田歴史公園」の看板はありません。園内には、北海道文化財に指定されている道内最古の馬頭観音や、32基の馬頭碑、ジャガイモ栽培発祥の地碑や虻田町先住アイヌ民族慰霊碑、菅江真澄の歌碑などがあります。

プライバシーポリシー