新型コロナウィルス感染拡大防止のため観光地などの各施設は休業や短縮営業の場合があります。ご利用の際は、ご確認の上ご訪問してください。

道南方面歴史探訪

広告

道南には歴史の特異さや、数多く残る文化遺産等があり、「近世の終わりと近代の幕開け」を学ぶことのできる地域と言えるでしょう。北海道新幹線の北海道の玄関口でもあり、この周辺にも注目が集まっているのではないでしょうか。

歴史探訪スポット

開陽丸記念館(蘇った幕末の軍艦「開陽丸」)

a31c31f8.jpg

開陽丸のパンフレット(見学のときにいただきました)

江差沖で座礁沈没した旧幕府軍の開陽丸を実物大で復元しています。中では引き揚げられた遺物の展示と遺物の発掘作業工程や保存方法をビデオやパネルなどで紹介しています。

住所
〒043-0041 北海道檜山郡江差町字姥神町1-10
連絡先
Tel: (0139)52-5522 Fax: (0139)52-5505
入館料
大人500円 小中高生250円(15人以上は1割引)
開館時間
9:00~17:00 (券販売は16:30分まで)
休館日
4月~10月 無休
11月~3月末 月曜日、祝日の翌日(但し祝日が月曜日の場合翌日と翌々日が休館)、年末年始(12月31日~1月5日)

江差追分会館(江差の郷土芸能と歴史ある祭りを知る)

北海道を代表する民謡「江差追分」や江差町に伝わる郷土芸能を展示しています。実演も下記のように実施しています。

●通常実演

4月29日~10月31日(9月第3金・土・日曜を除く)11:00、13:00、15:00の3回
江差追分他、唄を披露

●特別実演

GW期間(5月3日~6日)及び8月6日(土)、7日(日)限定
江差追分・追分踊り・郷土芸能を披露

住所
〒043-0034 北海道檜山郡江差町字中歌町193-3
連絡先
Tel:(0139)52-0920
入館料
大人500円 小中高生250円(15名以上の団体は1割引)
※ この入館料で併設の山車会館も観覧できます 開館時間 9:00~17:00
開館時間
9:00~17:00 (券販売は16:30分まで)
休館日
4月1日~10月末まで 無休
11月1日~3月末まで 毎週月曜日、祝日の翌日、年末年始(12月31日~1月5日)

松前城資料館(春は桜の名所・日本最後の天守閣)

1854年に、北方警備のために築城された日本で最後の天守閣を有する日本式城郭。1961年に再建された館内は藩政時代の資料館となっています。
春には桜の名所にもなります。

住所
〒049-1511 北海道松前郡松前町字松城
連絡先
Tel: (0139)42-2216
入館料

大人 360円(団体290円)/小・中学生 240円(団体190円)/幼児無料

※団体は10名以上

※障がい者:団体料金を適用

開館時間
9:00~17:00(入館時間は16:30まで)
開館日
4月10日~12月10日 

松前藩屋敷

幕末の松前の城下町を再現したテーマパークです。
表門をくぐると、武家屋敷、商家、沖の口役奉行所、旅籠、海鮮問屋など14棟が連なっています。蝋人形なども使って内部まで当時の様子を再現し、まるで江戸時代にタイムスリップしたような空間です。

住所
〒049-1507 松前町字西館68
連絡先
Tel: (0139)43-2439
Fax: (0139)42-4333
入館料

大人(団体) 360円(290円)/ 小・中学生(団体)240円(190円)/ 幼児 無料

※団体は10名以上
※障がい者割引の適用もありますので受付窓口にお問合せ下さい。

見学時間
9:00~17:00(最終入館 16:30まで)
開館期間
4月上旬~10月末まで

特別史跡 五稜郭跡(幕末に箱舘戦争の舞台となった星形城郭)

幕府と明治新政府が戦った戊辰戦争最後の戦いである箱舘戦争の舞台となった星形城郭。春には桜の名所としても有名です。また、敷地内の五稜郭タワーの上からは、星形や函館の夜景をきれいに見ることができます。

函館奉行所(140年の時を超えて蘇った幕末の要所)

五稜郭公園のほぼ中央に、解体から140年の歳月を経て、材料を吟味、最高の技術を駆使して部分修復された「函館奉行所」。幕末から明治維新にかけてのピンと張りつめた空気が感じられる貴重な歴史遺産です。

住所
〒040-0001 函館市五稜郭町44番3号
連絡先
電話番号: (0138)51-2864  
FAX:(0138)51-2548 
入館料

大人(団体) 500円(400円)/ 学生・生徒・児童(団体)250円(200円)/ 未就学児 無料

※団体は代表者が一括購入・入館できる場合で、20名以上
※函館市内居住の65歳以上の方は半額、障がいのある方は無料。
※函館市内在住または市内の学校に通う小中学生は無料。

開館時間
4月-10月 9:00~18:00(17:45 受付終了)
11月-3月  9:00~17:00(16:45 受付終了)
休館日
年末年始(12月31日〜1月3日)

旧函館区公会堂(明治43年に建てられたコロニアル建築)

函館港を見下ろす高台に位置し、左右対称なコロニアルスタイルの建造物。日本各地に現存している公会堂の中でも建築意匠・技法に優れ、建物の改造が少なく家具の保存状態も良いことなどから、昭和49年に国の重要文化財に指定されています。

住所
〒040-0054 北海道函館市元町11番13号
連絡先
TEL:0138-22-1001
FAX:0138-86-6480
入館料

大人(団体) 300円(240円)/ 学生・生徒・児童(団体)150円(120円)/ 未就学児 無料

※団体は代表者が一括購入・入館できる場合で、20名以上
※函館市内居住の65歳以上の方は半額、障がいのある方は無料。
※旧イギリス領事館(開港記念館) ・ 北方民族資料館 ・ 文学館 との 共通入館券もあります。

開館時間
4月-10月 
火曜日~金曜日:午前9時~午後6時
土曜日~月曜日:午前9時~午後7時
11月-3月
午前9時~午後5時
※公開時間の終了30分前までに入館してください。
休館日
年末年始(12月31日〜1月3日)

函館周辺の旅の予約をするならこの方法

函館周辺観光するなら新幹線+宿泊または飛行機+宿泊となります。

旅行会社でツアーを申し込む場合

新幹線で北海道に来るなら宿泊は自然豊かな大沼公園周辺がおすすめです。

JTBのサイトでJR・新幹線で旅をする国内ツアーを申し込む場合

こちらから申し込めます。

JTB新幹線・JRとホテルを自由に組み合わせできるダイナミックパッケージ

f:id:Goldsky:20220110165219j:plain

JTB

この画面が出たら、目的地は「人気温泉地」か「観光地・スポット」で「湯の川」または「函館」を選んでください。

飛行機とホテルを自由に組み合わせできるダイナミックパッケージもあります。

飛行機+ホテル・旅館

近畿日本ツーリストのサイトでJR・新幹線・飛行機で旅をする国内ツアーを申し込む場合

こちらから申し込めます。

近畿日本ツーリストのツアー検索

f:id:Goldsky:20220110171358j:plain

近畿日本ツーリストのツアー検索

この画面が出てくると思いますので日付や予算など必要事項をするか右には新幹線を使う場合の宿泊先が出ていると思いますので宿泊先から選ぶこともできます。交通手段を飛行機にすると航空機でのツアーになります。

近畿日本ツーリスト函館観光のおすすめツアー

国内旅行の特集一覧に「歴史と美しい景観を楽しむ!函館の観光スポット」というページがありました。函館観光のおすすめツアーの中から興味のあるツアーを選択すると良いかもしれません。

じゃらんのサイトでじゃらんパックで行く北海道ツアーを申し込む場合

こちらから申し込めます。

じゃらんパックで行く北海道ツアー

f:id:Goldsky:20220110175529j:plain

じゃらんパックで行く北海道ツアー

到着空港は「函館空港」となります。エリアの選択は「函館・大沼・松前」です。

日本旅行のサイトでJR・新幹線+宿泊セットプランを申し込む場合

こちらから申し込めます。

首都圏から北海道へのJR・新幹線+宿泊セットプラン

補足

飛行機で函館空港に入るなら函館湯の川あたりがおすすめです。湯の川温泉は350年余の歴史を誇る名湯で大きなホテルもいくつかあります。

新函館北斗駅は開陽丸や江差追分会館のある江差町に向かうのと五稜郭方面に向かうのでは反対方向になります。到着した日に江差方面、翌日に五稜郭方面と松前城というように、2日に分けて観光するとよいでしょう。

飛行機を使う場合は松前城に向かうのと、江差町に向かうのは反対方向になります。1日目は松前城、2日目は江差町というように観光するとよいでしょう。

江差町と五稜郭・新函館北斗駅は函館バスの610系統函館・江差線を利用します。所要時間は1時間を超えます。また、このバスは1日5本の運航となっていますので、利用の際は時間をよく確かめてください。

松前城に行くには公共交通機関(JRとバス)で函館から約3時間以上かかります。

沖縄・九州・北海道の格安レンタカー予約なら【スカイレンタカー】

レンタカーなら函館→江差→松前と、ぐるっと回ることができて、朝早く出発すると1日で周ることも可能です。また、この周辺は他にもみどころがたくさんあります。レンタカーで周辺の観光をしながら、歴史探訪してみてはいかがでしょうか。

一言

MWTNBさんブックマークコメントありがとうございます。函館周辺の特集についてリクエストいただいたので新規にも考えていますが、とりあえず過去記事見直しました。他にも紹介したい場所ありますのでなるべく早く記事追加したいと思っています。

プライバシーポリシー