新型コロナウィルス感染拡大防止のため観光地などの各施設は休業や短縮営業の場合があります。ご利用の際は、ご確認の上訪問してください。

テーマは流氷 道の駅「オホーツク紋別」(紋別市)

広告

オホーツクと言えば流氷、紋別と言えばガリンコ号。道の駅周辺はそんな流氷がテーマの施設がたくさんあります。その中のひとつが道の駅がある「北海道立オホーツク流氷科学センター」です。

オホーツク紋別(紋別市)

f:id:Goldsky:20210716224358j:plain

オホーツク流氷科学センター

北海道立オホーツク流氷科学センターは「流氷」をキーワードに展開するさまざまな体験施設です。

道の駅 基本情報

住所
〒094-0023 紋別市元紋別11番地6号
電話番号
0158-23-5400
営業時間

9:00~17:00

休日
月曜日(祝日の場合は翌日)、12月29日~1月3日
※1月4日~3月31日・7月9日~8月25日は無休

施設内

エントランスで大きなシロクマとグリズリーがお出迎え。また、紋別市と同じ北緯45度の都市を紹介する円形の模型(?)もなかなか面白い。

おみやげ&喫茶コーナー「流氷里(ふるさと)」

ご当地グルメとして定番となった地元のホタテやカニが入った白いカレー「オホーツク紋別ホワイトカレー」は優しい辛さで子供でも食べられると思います。おみやげはクリオネやアザラシなどのグッズがおすすめ。品数はあまり多くない印象。

北海道立オホーツク流氷科学センター

f:id:Goldsky:20210716223739j:plain

流氷科学センター素材集より

北海道立オホーツク流氷科学センターは、1991年世界で唯一の、流氷をテーマとした科学館として開館し、1995年「道の駅オホーツク紋別」として道の駅に登録されました。

住所
〒094-0023 北海道紋別市元紋別11
連絡先
TEL (0158)23-5400  FAX (0158)23-9844
info@giza-ryuhyo.com (@を直してからご利用下さい)
営業時間
9:00~17:00
※科学館展示室への入館は閉館の30分前までです。
入場料

セット料金(常設展示室+ドームシアター)

【個人】一般:750円/高校・大学生:250円

【団体】一般:600円/高校・大学生:200円

常設展示室

【個人】一般:450円/高校生・大学生:150円

【団体】一般:350円/大学生:120円

年間パスポート

一般:1000円/高校・大学生:500円

※団体は10人以上です

※中学生以下、及び65歳以上は無料です。(65歳以上の方は年齢を確認できるものを提示する必要があります)

※次の方は入場料が免除されます。

  • 障がい者手帳及び障がい者手帳アプリ(身体・療育・精神)をお持ちの方
    (手帳をお持ちの方1名に対し引率・介助者1名免除)
  • 高校生で次に当てはまる場合は無料
    土曜日・こどもの日・文化の日の利用、10名以上の団体
休館日
毎週月曜日(ただし祝日は除きます)、祝日の翌日、年末年始(12月29日~1月3日)

 ※車椅子、ベビーカーの貸し出し、授乳室があります。

施設外

蟹の爪のオブジェ

1983年に行われた「流氷アートフェスティバル」というプロジェクトで、「鮭の親子」「ピラミッド型」と共につくられたオブジェで老朽化の為、「鮭の親子」と「ピラミッド型」のオブジェは無くなり現在は「蟹の爪のオブジェ」だけがここに飾られています。蟹のオブジェを見ると紋別に来たと、実感します。

周辺情報

「北海道のみなとオアシス」の記事で紹介しています。目次から「みなとオアシスもんべつ 」の項目を観てください。

 

goldsky.hatenablog.com

 

 ※情報は個人で集めたものです。もし誤りがありましたら、ご連絡お願いいたします。

 

プライバシーポリシー