新型コロナウィルス感染拡大防止のため観光地などの各施設は休業や短縮営業の場合があります。ご利用の際は、ご確認の上訪問してください。

大漁旗がお出迎え 道の駅「おびら鰊番屋」(小平町)

広告

小平町は昔ニシン漁が盛んで、「ニシン御殿」と言われる重要文化財「旧花田家番屋」が、道の駅の敷地内に残されています。

おびら鰊番屋(小平町)

広い敷地に昔の鰊番屋をイメージした黒い木造の建物で、敷地には観光交流センターや郷土資料館、食材供給施設、重要文化財「旧花田家番屋」が並んでいます。

基本情報

住所
〒078-3454 留萌郡小平町字鬼鹿広富
電話番号
0164-57-1411
施設/時間

観光交流センター

4月~11月 9:00~18:00

12月~3月 10:00~17:00

食材供給施設(レストラン鰊番屋)・旧花田家番屋 

5月~10月 8:00~17:00

11月~4月 9:00~16:00

※レストランは11月~4月 10:30~14:00

休日
観光交流センターは年中無休
食材供給施設(レストラン鰊番屋)・旧花田家番屋は毎週月曜日
※6月第3月曜日~8月第2月曜日は無休

施設内

小平町観光交流センター

高い吹き抜けに大漁旗が並び、町内で生産された農水産物、銘菓、陶芸品、ドライフラワーなどの販売や歴史文化保存展示ホール、休憩コーナーや24時間利用可能なトイレがあります。お土産品などは地方発送もしてくれます。いろりを囲んだ畳の休憩コーナーは、昔の番屋の中にあった親方の部屋をイメージして作られています。2階は歴史文化保存展示ホールです。小平町の歴史を学べる展示室で当時の生活用品などを数多く展示、小平は漁業だけではないことを物語る、昔の農機具も展示されています。

観光交流センターのまえにある小さなお店ではたこザンギが売っています。実は私の一番のおすすめはコレ。たこザンギはほんとに美味しい。ザンギとは唐揚げの事でタコのから揚げです。

食材供給施設

売店とレストランがあり、売店ではお土産品などを販売しています。レストランは期間限定メニューやニシンそば、ニシンの親子丼などニシンを使った料理など海の幸が楽しめます。2階にはホールがあり団体の方も利用できます。

電話  0164-57-1411

重要文化財「旧花田家番屋」

小平町の歴史と文化を伝える展示も行われています。地元の網元であった花田家によって建てられた二階建ての家屋で、現在、北海道内に残っている番屋としては最も規模が大きいものです。    

住所
〒078-3454 留萌郡小平町字鬼鹿広富35番地の2
連絡先
0164-57-1411
営業時間
5月~10月 8:00~17:00
11月~4月 9:00~16:00
入館料

・高校生以上400円
・小・中学生150円
・20人以上の団体250円

定休日
月曜日
(6月第3月曜日~8月第2月曜日は無休)
※冬期間は臨時休館となる場合があります

周辺情報

にしん文化歴史公園

にしん文化歴史公園は道の駅の向かいにある公園で、夕日と海とモニュメントのコントラストは最高に美しい。このモニュメントは夕日をイメージして作られたものだそうで、モニュメントの隣には北海道の名付け親、松浦武四郎の像が立ち、その傍らに「名にも似ずすがたやさしき女郎花なまめき立てるおにしかの里」の歌碑も設置されています。

小平町鬼鹿沖では、終戦直後の1945年に樺太からの引き揚げ船3隻がソ連潜水艦の砲雷撃を受け、多数の日本人が亡くなる悲劇が起こりました。この事件を慰霊して公園の中には平和の祈りの石碑や「三船遭難慰霊之碑」が建てられています。

 

プライバシーポリシー