観光地などの各施設は休業や短縮営業の場合があります。ご利用の際は、ご確認の上訪問してください。

ナウマン象に会える 道の駅「忠類(幕別町)」

【広告】

もちろんその辺をナウマン象が歩いているわけではありません。ナウマン象の像があったり、全身骨格が復元されていたり、建物がナウマン象をイメージして建てられているという、ナウマン象づくしの「ナウマン公園」の中にある道の駅です。

道の駅 忠類(幕別町)

道の駅やナウマン象記念館などの建物には象の肌をイメージして麦飯石がつかわれています。とにかくいろんな場所にナウマン象が感じられる工夫が施されています。

基本情報

住所
〒089-1701 中川郡幕別町忠類白銀町384番地12
電話番号
01558-8-3236
施設/時間

9:00~18:00(トイレは24時間)

十勝ナウマン温泉ホテル「アルコ」 11:00~23:00(受付終了22:30)

入浴施設あり

休日
年中無休

施設内

売店・イートインコーナー

売店にはナウマングッズはじめ地域の特産品やお土産が揃っています。イートインコーナーで目を引くのはワサビアイスとゆり根コロッケですかね。もちろん道の駅恒例ソフトクリームも健在。十勝は酪農王国でもありますからソフトクリームの味は折り紙付きです。

焼きたてパン工房 パオパオ

「ゆり根」を使用した「純白ゆり根シュークリーム」がこのお店の一押し。だけではなくとっても人気らしく売り切れになっていることもあるのだそう。ゆり根大好きな私としては一度食べてみたい商品です。道の駅開店時間には営業していますが、パン売り切れ次第閉店になるそうです。

電話:01558-8-3236

施設外

JA忠類「菜の館ベジタ」

道の駅に隣接したJA忠類の野菜直売所です。その日に収穫した新鮮な野菜が手頃な価格で購入できます。

住所:幕別町忠類白銀町383

電話:01558-8-3303

営業期間:5月中旬~10月下旬

ナウマン象記念館

旧忠類村では色々な化石が発掘されていますが、中でもナウマン像が有名で全身の骨格を見ることができます。また、ここでは発見から復元までの歴史を、わかりやすく展示しています。 

住所
〒089-1701 幕別町忠類白銀町383-1
電話番号
01558-8-2826
開館時間
9:00~17:00
休日
火曜日休館(祝日の場合は、翌水曜日休館)
入館料
(個人)一般:300円/小中学生:200円
(団体※10名以上)一般:200円/高校生:150円/小中学生:100円

十勝ナウマン温泉 ホテルアルコ

ホテルアルコはホテルとは言っても近くのキャンプ場やオートキャンプの利用客にも優しいホテルです。レストランや温泉は宿泊者以外にも開放していますので気軽に利用させていただけます。

住所
中川郡幕別町忠類元忠類111番地2
連絡先
TEL.01267-2-8700
営業時間
11:00~23:00(22:30受付終了)
朝風呂 5:00~8:00(7:30受付終了)※サウナ、水風呂は入れません。
日帰り入浴料金

大人:500円 / 小学生:250円 / 幼児:無料

回 数 券もあります 

温泉施設
ジェットバス・バイブラバス・打たせ湯・サウナ・露天風呂
泉 質
アルカリ性単純温泉(アルカリ性低張性低温泉)(旧泉名:単純温泉)
禁 忌 症
急性疾患(特に熱のある場合)・悪性腫瘍・重い心臓病・呼吸不全・腎不全・出血性疾患・活動性結核・高度の貧血 その他一般に病勢進行中の疾患、妊娠中(特に初期と末期)
適 応 症
神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、痔症、慢性消化器病、冷え性、病後回復期 疲労回復、健康増進
レストラン「郷里 ちゅうるい」

ホテルアルコのレストランです。温泉の後に利用したり、宿泊客以外でも気軽に利用できるレストランです。 全国に出回るゆり根はほとんどが北海道産。でも、そのほとんどが関西方面(京料理でよく使われているらしい)に出荷されていると聞きました。そんな「ゆり根」がふんだんに使われている料理がメニューに並んでいます。

営業時間

ランチ/11:30~14:30(※LO 14:00)

ディナー/17:00~20:30(※LO 20:00)

ナウマン公園

幕別町はパークゴルフ発祥の地です。ここナウマン公園にももちろんあります。パークゴルフ場。ほかにも遊具広場、キャンプ場などたくさんの施設があるひろーい公園です。

 

 

 

※情報は個人で集めたものです。もし誤りがありましたら、ご連絡お願いいたします。

 

プライバシーポリシー