新型コロナウィルス感染拡大防止のため観光地などの各施設は休業や短縮営業の場合があります。ご利用の際は、ご確認の上訪問してください。

ラムサール条約の登録湿地でもある道の駅「ウトナイ湖」

広告

北海道の道の駅「ウトナイ湖」

f:id:Goldsky:20211102233704j:plain

道の駅「ウトナイ湖」

ウトナイ湖に隣接し、国指定鳥獣保護区、ラムサール条約の登録湿地でもあります。

基本情報

住所
〒059-1365 苫小牧市字植苗156番地の30
電話番号
0144-58-4137
営業時間
3月~10月 9:00~18:00
11月~2月 9:00~17:00
スタンプ押印時間
開館時間に同じ
※休館日は押せません
休日
年末年始(12/31~1/2)
その他情報

24Hトイレ⭕ 

レストラン(食堂)など⭕ レストランやテイクアウトコーナー等も充実しています。

設備(バリアフリー等)⭕ 身障者用トイレ、オストメイト、授乳室&おむつ交換台、AED

EV充電スタンド⭕ 

車中泊🔺 注意書きがあります。マナーを守ってご利用ください。

その他 国指定鳥獣保護区、ラムサール条約の登録湿地でもあり、人気の観光地となっています。

f:id:Goldsky:20211102233905j:plain
f:id:Goldsky:20211102233832j:plain
f:id:Goldsky:20211102233819j:plain
f:id:Goldsky:20211102234441j:plain
おもな設備

道の駅「ウトナイ湖」のおすすめ商品

f:id:Goldsky:20211103110053j:plain
f:id:Goldsky:20211103110127j:plain

農林海産物直売所

野菜のほかに燻製卵や豚肉、お米、ハスカップ、みそなどがあります。

アンテナショップ「ミール」

北海道土産のお菓子もありますがどちらかというと可愛いグッズが豊富にあります。雪の妖精「シマエナガ」のグッズや苫小牧市公式キャラクター「とまチョップ」グッズ、ハンドメイドコーナーもありました。なぜか鬼滅の刃コーナーまで。そんななか私がお勧めしたいのは「白鳥まんじゅう」。道の駅ウトナイ湖定番の限定商品。ハスカップ餡が楽しめる道の駅ウトナイ湖限定の「ハスカップどら焼き」も定番の限定商品です。

道の駅「ウトナイ湖」の飲食情報

f:id:Goldsky:20211103105817j:plain

レストランのほか、テイクアウトのフードコーナーもあります。写真はほんの一部、他にもたくさんのおいしそうなメニューがあります。

ラポ・ラポラ食堂

f:id:Goldsky:20211103105935j:plain
f:id:Goldsky:20211103110020j:plain
ラポ・ラポラ食堂

ノーザンホースパーク直営レストランで、食堂のテーブルは無料の休憩コーナーとしても利用できます。そば粉にこだわりがあるようで、香り豊かな手打ちそばを楽しめます。他にもカレーやラーメンもありました。

【電話番号】

0144-58-3310

【営業時間】

4月~10月 11:00~15:00(L.O.)
11月~3月 11:00~14:00(L.O.)

※年末年始休業

テイクアウトコーナー Plaisir(プレジール)

コロッケや肉巻きおにぎり、豚まん、ほっきご飯、ホッキライスバーガーなど苫小牧のご当地グルメがずらりと並んでいます。豚肉は「B1とんちゃん」。添加物をほとんど使わず、独自配合の肥料で飼育しているそうです。

海鮮パーク

f:id:Goldsky:20211103105733j:plain

海鮮パークメニュー

苫小牧名物のほっき貝が中心で、各種押し寿司やかにの太巻・かに玉丼などテイクアウトメニューもあります。道の駅館内での食事なら、全商品にお味噌汁1杯サービスしてくれます。館内の食事のみのメニューで「ランチセット」を選ぶと押し寿司(かに、しゃけ、ほっき、さんま)とカニ太巻きがセットになっています。名物料理が少しずつ味わえるお得なセットだとおもいます。

【電話番号】

0144-82-7720

【営業時間】
9:00 ~ 15:30
※木曜定休

北寄玉

f:id:Goldsky:20211103105659j:plain

北寄玉

北寄玉」は外のテイクアウトコーナーで販売しているたこ焼きのたこがホッキになったものです。3種類のソースから選べるのでお好みで。他にも唐揚げや揚げ芋など北海道の道の駅の定番商品も売っていました。

道の駅「ウトナイ湖」のおすすめポイント

f:id:Goldsky:20211103104114j:plain

道の駅「ウトナイ湖」案内看板

道の駅のすぐ裏手にはウトナイ湖が広がり、遊歩道はウトナイ湖野生鳥獣保護センターやネイチャーセンターに続いています。

f:id:Goldsky:20211103110459j:plain
f:id:Goldsky:20211103110616j:plain
f:id:Goldsky:20211103110530j:plain
展望台から見えるウトナイ湖

ウトナイ湖展望台

f:id:Goldsky:20211103142626j:plain

ウトナイ湖展望台

道の駅裏手に広がるウトナイ湖を展望台から眺めることができます。1階にはモニターが設置され、ウトナイ湖の風景を流しています(下の写真2枚目)。2階は展望ホールで、ガラス張りになっているので、 室内からもウトナイ湖を見ることができます。3階と屋上が展望デッキになっていて、景色を眺めることができます。

f:id:Goldsky:20211103142659j:plain
f:id:Goldsky:20211103110429j:plain
f:id:Goldsky:20211103110312j:plain

 

ウトナイ湖

ウトナイ湖は渡りをする野鳥たちにとって、オアシスです。道の駅内からもウトナイ湖を一望できます。季節によって白鳥などの野鳥の姿を見ることができます。

ウトナイ湖とウトナイ湖野生鳥獣保護センターに関してはこちらの記事もご覧ください。

 

goldsky.hatenablog.com

ウトナイ湖野生鳥獣保護センター

f:id:Goldsky:20211103142459j:plain

 

プライバシーポリシー