新型コロナウィルス感染拡大防止のため観光地などの各施設は休業や短縮営業の場合があります。ご利用の際は、ご確認の上訪問してください。

24時間利用可能なベビーコーナーがある道の駅「北オホーツクはまとんべつ」

広告

北海道の道の駅「北オホーツクはまとんべつ」

国内最北のラムサール条約指定地で、白鳥が飛来するクッチャロ湖がすぐそばにあります。また、子育て世代に優しい設備がそろった道の駅です。

道の駅「北オホーツクはまとんべつ」の基本情報

住所
〒098-5704 枝幸郡浜頓別町中央北21番地1
電話番号
01634-8-7887
営業時間

交流館 9:00~19:00
カフェ・ショップ 10:00~18:00

スタンプ押印時間
24時間押印可能
休日
年末年始(12/29~1/3)
その他情報

24Hトイレ⭕ 館内のトイレが24時間利用できます。

レストラン(食堂)など🔺 カフェがありますが、ドリンク中心で、パン屋さんでパンを購入して食べることは可能かと思います。

EV充電スタンド⭕

車中泊⭕ 特に子育て世代でも安心して利用できる、24時間利用可能な設備が整っています。

※ここでは仮眠としての車中泊を想定しています。

設備(バリアフリー等) 身障者用トイレ、オストメイト設備、授乳室&おむつ交換台、Wi-Fi

その他 災害時の機能確保がされていて、地域の子育てを応援する施設となっています。

道の駅「北オホーツクはまとんべつ」のおすすめ商品

特産品コーナーはあまり大きくなく品数も多くはありませんが、魅力的な商品が並んでいます。その中でおすすめは「潮風香る贅沢キーマ」。やや辛口の鶏挽肉のキーマカレーに北海道産のホタテとタコ具材が別添された海鮮カレーです。猿払村・浜頓別町・枝幸町の合作だそうで、アレンジレシピが同梱されています。

道の駅「北オホーツクはまとんべつ」でのお食事情報

浜頓別の市街地にあり、周辺に飲食できる場所はありそうですが、道の駅の中はパン屋さんだけです。

焼きたてパンの「こんがり堂」

パンの種類は豊富です。どこのパン屋さんもそうですが夕方には種類は減っています。ドリンクメニューもありますしソフトクリームも売っています。コーヒー豆は有機栽培でなかなかの美味。

【営業時間】

9:00~18:00

ここがおすすめ道の駅「北オホーツクはまとんべつ」

今までの道の駅としての機能だけでなく、災害時の機能確保や地域の子育てを応援する施設を併設した道の駅となっています。

道の駅「北オホーツクはまとんべつ」のおすすめはここ

幼児が遊べるキッズコーナーや小学生までが遊べる大型遊具コーナー(あそびの広場)、広々としたテラスなどの多目的ホール、バスターミナルが併設され、まちの複合拠点となっています。「道の駅」を利用する子育て世代が、24時間利用可能なベビーコーナー(授乳コーナー、おむつ交換スペース)もあり、ばら売りおむつや液体ミルク等を販売する自動販売機も設置されています。液体ミルクは、常温保存されているので、授乳室で粉ミルクをお湯や水で溶かす必要がなく、哺乳瓶に移し替えればそのまま、乳児に飲ませることができます。

クッチャロ湖

周囲30kmの海跡湖で、大沼、小沼(北側)のふたつの沼により瓢箪型を形成している、国内で3番目のラムサール条約指定地です。大沼の南側には、水鳥観察館やキャンプ場などがあります。春には白鳥の飛来を楽しむ「白鳥フェスタ」が行われ、夏には「クッチャロ湖水まつり」や「水上丸太渡りレース」などが開催されています。

クッチャロ湖水鳥観察館(浜頓別クッチャロ湖水鳥観察館)

クッチャロ湖を保護・保全し、適正な利用を推進するために設置されました。展示室は「水鳥」「動物」「野鳥」の3つのコーナーに分かれていて、「水鳥」コーナーには、クッチャロ湖に渡来するコハクチョウなどの剥製標本が展示されています。

住所
北海道枝幸郡浜頓別町クッチャロ湖畔
問い合わせ
TEL/FAX:01634-2-2534
営業時間

9:00~17:00

休日
月曜日、祝日の翌日、年末年始
入館料
無料

 

 

プライバシーポリシー