もっともっと北海道~もっと知りたい知ってほしい北海道

北海道観光はじめ、北海道に関することを紹介しています

8つのガーデンが集結「北海道ガーデン街道」(大雪~ 富良野~十勝)

北海道ガーデン街道は大雪~ 富良野~十勝を結ぶ全長約250㎞の街道で、2010年からスタートしました。北海道独自の気候や景観を生かした個性にあふれたガーデンは、全部で八か所。自然の風景や山並みを楽しむとともに豊かな食も充実した観光ルートです。

「北海道ガーデン街道」八つのガーデン

大雪森のガーデン

大雪山連峰を望む丘陵に広がる森に造られた庭で、約900品種を超える色彩豊かな草花が植栽された美しい花園「森の花園」と、従来からこの地に生き続ける自然の木々や可憐な山野草を活かして造り上げた「森の迎賓館」の二つの庭に加えて、緑あふれる「遊びの森」エリアが広がります。

〒078-1721
北海道上川郡上川町字菊水841番地8

[夏季営業期間]
4月末~10月中旬(6月からは有料期間)
[夏季営業時間]
9:00~17:00(最終入園16:00)
[料金]
〇800 円 (税込) ※中学生以下無料
〇共通入園券(大雪 森のガーデン&上野ファーム) 1,600 円 (税込)
〇3つの庭旅チケット(上川・旭川・富良野3つの美しいガーデンをめぐる)2,100 円 (税込)
定休日
期間中無休

上野ファーム

北海道の気候風土で育つ植物がつくりだす庭を「北海道ガーデン」と考え、四季折々に開花する宿根草を中心に庭づくりをしているガーデンです。

[営業期間]
4月末〜10月中旬
ガーデン閉園後の冬期間は休業
[営業時間]
10:00〜17:00
[料金]
〇大人1000円 小学生以下は無料(中学生から大人料金)
〇団体割引 大人800円(10名様以上)小学生以下は無料
〇ガーデンパスポート・・・1,200円(当年度オープン期間中有効)
※2回目以降の来園から同伴者1名様まで入園半額
定休日
ガーデン公開期間中は休まず営業

風のガーデン

花の香りや風を感じながら季節ごとに450品種以上、約2万株の花々が移り咲く美しい小道を散策できます。

[営業期間]
4月末〜10月中旬
<早朝営業>7月~8月
ガーデン閉園後の冬期間は休業
[営業時間]
10:00〜17:00
<早朝営業>6:30A.M.~5:30P.M.(最終受付 5:00P.M.)
[料金]
〇おとな¥1,000 小学生¥600 幼児無料
備考
※営業内容は変更になる場合がございます。

十勝千年の森

環境貢献活動「カーボン・ オフセット(炭素の相殺)」をもとに、場の特性を活かし、営みと一体となり、時とともに成熟してゆく庭、北の大地にふさわしいスケールの大きな風景を目指し、「北の庭園文化」を創出している十勝千年の森。アースガーデン「大地の庭」は人が自然の一部なる風景と、遊び心に満ちた空間を演出し、フォレストガーデン「森の庭」は森の中でひっそりと眠っていた草花の生命力を生かし、さまざまな視点から森の新たな楽しみ方を発見する場となっています。そして、メドウガーデン「野の花の庭」は自生種と園芸種の草花が美しく調和し、季節ごとに繊細な表情を見せます。また、ファームガーデン「農の庭」は、農業を実践し、訪れる人に"農"と"食"と"庭"のつながりを感じてもらう取り組みを進めています。そして、この4つの庭は、北国の新たな庭園文化を世界に発信しています。

※2012年、優れた庭園を表彰する英国のガーデンデザイナーズ協会賞選考で、大賞、国際賞に「アースガーデン」、「メドウガーデン」、そしてダン・ピアソンスタジオが選ばれました。

〒089-0356 北海道清水町羽帯南10線

[営業期間]
4月末〜10月中旬
[営業時間]
9:30~16:00 ※最終入場 15:30
[料金]
一般・大人(高校生以上) 1,200円/小中学生 600円/小児(小学生未満) 無料
障がい者手帳障がい者手帳をお持ちの方:1,000円/小・中学生500円
団体:1,000円 ※15名以上/小・中学生500円
備考
ガーデンカフェ 11:00~15:00(Lo.14:30)(定休日:毎週火曜日)

真鍋庭園

真鍋庭園は、1966年から時代とともに刻々と変化・拡張を続け、現在は3つのテーマガーデン日本庭園・西洋風庭園・風景式庭園で構成している回遊式ガーデンです。

所在地/帯広市稲田町東2-6

[休園期間]
12月~4月下旬
[営業時間]
8:30〜17:30(入園締切17:00) ※10月・11月は時短あり
[入場料金]
大人 1,000円/子供(小・中学生) 200円
団体(20名様以上):800円
年間パスポート:大人 2,000円/子供 500円
障害者料金[併用不可]800 円 ※障害者手帳をご提示下さい
施設問合先
0155-48-2120

十勝ヒルズ

季節ごとに表情を変える花々や、野菜、果樹などをテーマにしたガーデンが十勝の食と農を身近に感じさせてくれることでしょう。

〒080-2106 帯広市美栄町西4線107

TEL : 0155-56-1111 / FAX : 0155-56-1117

[営業期間]
4月下旬~10月下旬(開園期間は無休)
[営業時間]
9:00 ~ 17:00 ※9月〜10月 9:00〜16:00
[入場料金]
大人 1,000円/中学生400円/小学生以下無料
身障者割引 大人半額/中学生以下無料
※身障者手帳の呈示が必要です。
※付添の方は入園無料
十勝割 十勝在住者の方 大人800円
※身分証の呈示が必要です。
ヒルズパスポート(期間中入園料無料・特典有り) 1,500円
動力カート使用料金
動力カート使用料金 1000円(30分)

紫竹ガーデン

1人の女性の一日中花と遊んでいたいという思いが広大なお花畑になりました。ガーデンは、150mの宿根ボーダーガーデン、クレマチスの小径、白い花を集めたホワイトガーデン、ロックガーデン、森の中のシェードガーデン、ハーブガーデン、野の花が咲く
メドウガーデンなどから、なっています。

〒089-0574 北海道中川郡幕別町字日新13番地5

TEL:0155-60-2377
FAX:0155-60-2378

[営業期間]
4月中旬~11月末(期間中無休)
[営業時間]
8:00〜18:00
[入場料金]
大人 1,000円 子供 200円
団体割引 (10名様以上)大人 800円、子供150円
 シーズン券 大人のみ 1,500円
その他
※閉園期間後(12月1日以降)もレストランは営業

六花の森

六花亭の包装紙に描かれた山野草でいっぱいの森をつくりたい。そんな願いが込められた六花の森は、エゾリンドウ、ハマナシ、オオバナノエンレイソウ、カタクリ、エゾリュウキンカ、シラネアオイーをはじめ四季折々の山野草が咲く森となりました。

河西郡中札内村常盤西3線 249-6

電話/0155-63-1000

[営業期間]
5月下旬〜10月中旬
[営業時間]
10:30~16:00 売店 11:00〜16:00(LO15:30)
[入場料金]
大人1,000円、小・中学生500円
団体(20名様以上)/大人800円、小・中学生300円
シーズンパスポート/大人1,500円、小・中学生1,000円
その他
※閉園期間後(12月1日以降)もレストランは営業

北海道ガーデン街道ビューポイント

ジェットコースターの道

JR上富良野駅から9.7kmのところに入口がある、西11線という町道が「ジェットコースターの路」です。約2.5km幾つかのアップダウンが続いています。直線道路なのでついアクセルを踏みたくなるところですが、丘陵や田園の景色が広がり、十勝岳連峰を見渡すことができる素晴らしい風景を見逃さないためにゆっくりのんびりこの道を楽しんでください。

美蔓パノラマパーク

国道274号ぞいにあり、四季折々の景観を楽しめる展望スポットです。特に夕暮れ時がおすすめです。 

士幌高原ヌプカの里

長期滞在をも可能にした標高600mの高原に広がるネイチャーリゾートです。それぞれのアウトドアスタイルに合わせて好みの宿泊スタイルが選べます。

〒080-1278 北海道河東郡士幌町字上音更21-173

TEL:01564-5-4274

URL:http://www.nupuka.jp/

ナイタイ高原牧場

日本一広い公共牧場で、頂上付近には2019年新規オープンの「ナイタイテラス」があります。

ナイタイ高原牧場ナイタイテラス

北海道河東郡上士幌町字上音更128-5

営業期間/4月29日~11月1日
ゲート開放時間/7:00~18:00(6月-9月 7:00~19:00)
ナイタイテラス営業時間/9:00~17:00
定休日/期間中無休(天候により変更あり)

URL:https://karch.jp/naitai.php

扇ケ原展望台

然別湖周辺の山々で発生した火砕流や土石流などでつくられた扇状の台地「扇が原」を見下ろすことのできる展望台です。十勝らしい風景が堪能できます。

昆布刈石展望台

昆布刈石展望台からはさまざまな眺望が楽しめ、あたりには何もないため、流星群の時には観測場所として最高のスポットとなっているようです。ただ、道はダートですから、細心の注意が必要です。

十勝が丘展望台

十勝川や広大な十勝平野、そして遥か遠方には雄大な日高山脈の山並みが一望できます。

 

十勝牧場展望台

十勝牧場では、白樺並木から展望台までの幹線道路は解放されていますが、家畜基地内への立入や見学はできません。事務所窓口では場内地図や注意事項を期したパンフレットがあります。場内案内や各所に設置している案内板、進入禁止看板等を守って展望台をご利用ください。

新嵐山スカイパーク展望台

標高340mの新嵐山の頂上附近に展望タワーが造られ、北海道らしい景色が眺められる場所として知られています。

 こちらの記事で紹介しています。

goldsky.hatenablog.com

丸山展望台

幕末の頃に海賊が財宝や砂金を隠したという伝説がある謎に包まれた観光スポットです。入り口の看板は一つしかなくわかりにくくなっています。

一本山展望タワー

352段の階段を登った先にある展望台からは、日高山脈や十勝平野のパノラマが楽しめます。

萌和山森林公園展望台

日高山脈や、光地園牧場などの山並みを一望することができます。

 まとめ

一般道でゆっくり北海道ガーデン街道を楽しむのもおすすめですが、高速道路のパーキングエリアにはハイウエイガーデンがあり、ガーデン街道メンバーが監修しています。

こちらの記事で紹介しています。

goldsky.hatenablog.com