もっともっと北海道~もっと知りたい知ってほしい北海道

北海道観光はじめ、北海道に関することを紹介しています

胆振地方の冬のイベント

☆北海道の冬のイベント~胆振地方

北海道の中でもこの地域は雪が少く、冷え込みもそれほど厳しくない、北国の中では過ごしやすい冬が楽しめる地域と言えるでしょう。温泉街を抱えているためか観光客を意識したイベントが多いように感じます。

むろらん冬まつり(室蘭市終了

場所
 室蘭市だんパラスキー場 (〒050-0052 北海道室蘭市香川町224番地1)
期間
平成31年2月17日
お問い合わせ
だんパラスキー場(0143-43-5600)

だんパラスキー場周辺で開催されるイベントです。開運もちまき、大じゃんけん大会、雪原の宝探しなどのさまざまな催しが行なわれます。また、予約をすると先着で無料のスノーボード教室に参加出来るほか、歩くスキー学校など、室蘭の冬を代表するイベントとなっています。

とまこまいスケートまつり(苫小牧市終了

場所
メイン会場:若草中央公園(苫小牧市若草町2丁目3)
期間
令和2年2月1日(土)2日(日)
お問い合わせ
0144-32-6448(苫小牧市 観光振興課内 苫小牧スケートまつり実行委員会)

苫小牧は雪が少なく、スキーよりもスケートが盛んです。スケートの街、苫小牧を代表するイベントです。「スケートボブスレー」や「ジャンボすべり台」などのアトラクションや、ステージイベントなど様々なプログラムが用意されています。名物「しばれ焼き」はドラム缶の上で焼いたジンギスカンの味わい深さが人気のようです。極寒の空気の中で白い湯気を上げながら味わってみてはいかがでしょう。

元旦縁起もちつき(登別市終了

内容
泉源公園
期間
1月1日午前11:00頃
お問い合わせ
 登別国際観光コンベンション協会(電話0143-84-3311)

新年を祝い、4人の若者たちが器用に杵を使い、餅をつく、「子宝もちつき舞」を披露します。 縁起餅はお客様におしるこにして振る舞われます。

登別温泉湯まつり(登別市終了

会場
登別温泉一帯
期間
2020年2月3日(月)、4日(火)
 ※天候や都合により、内容等は変更する場合あり
お問い合わせ
0143-84-3311/登別国際観光コンベンション協会

温泉の街ならではのお祭りです。厳寒の冬、豊富な湯量と多彩な泉質を誇る「湯」への感謝と、湯が尽きることのないよう繁栄と無病息災への祈りを込め、節分に合わせて二日間の日程で開催さます。4日には下帯姿の若者たちが、激しくお湯を掛け合う「源泉湯かけ合戦」や「道祖神裸ねりこみ」は勇壮で、イベント会場は熱気の渦に巻き込まれます。

カルルス温泉冬まつり(登別市

会場
サンライバスキー場(北海道登別市カルルス町27)
期間
2020年3月1日(日)9:00am – 1:15pm頃を予定
お問い合わせ
0143-84-3311/登別国際観光コンベンション協会

3月なので春のイベントとしたいところでしたが、冬まつりの文字が入っているため、冬のイベント情報に載せました。「カルルス温泉冬まつり」は、雪の中でのみかんひろいや宝探し、餅まきや、幼児から大人までが楽しめるゲームが盛りだくさん!景品もたくさん用意しています。

イルミネーショントンネル(洞爺湖町

場所
にぎわい広場(洞爺湖万世閣ホテルレイクサイドテラス向かえ)
期間
令和元年11月1日(金)~令和2年3月1日(日)
お問い合わせ
0142-75-2446 (洞爺湖温泉観光協会)

11月1日から3月上旬まで18時になると温泉街にぎわい広場に約70mの光のトンネルと直径9mのドームが登場します。約40万球の電飾が夜の温泉街を幻想的に照らし出し、冬の記念撮影スポットとして人気です。

洞爺湖温泉冬まつり(洞爺湖町終了

会場
洞爺湖汽船本社前特設会場
期間
2020年2月3日(月)から2020年2月12日(水)まで
本祭り:2020年2月8日(土)
お問い合わせ
0142-75-2446(洞爺湖温泉観光協会

毎晩20時30分から約7分間、洞爺湖上で打ち上げ花火が実施され、「本まつり」では、地元食材を味わえる屋台、雪球ストラックアウト、スノーチューブコーナー、お菓子まきなどが行われます。

洞爺冬まつり(洞爺湖町終了

会場
とうや水の駅ふれあい広場
期間
2月上旬
お問い合わせ
0142-82-5277(洞爺まちづくり観光協会

会場には、大型の滑り台が登場し、持参したそりで滑ることもできます。もちろんそりがなくても用意されていますので大丈夫です。フードコーナーには、あったかいおそば、コロッケ、焼きそば、フランクフルト、フライドポテト、鶏のから揚げや甘酒、ジュース、ココア、ビール、お酒など盛り沢山。「宝探し」「おまつりビンゴ」などのアトラクションも楽しめます。

昭和新山国際雪合戦(壮瞥町中止

新型コロナウイルスの感染拡大状況の中、昭和新山国際雪合戦実行委員会及び壮瞥町は、本年2月22日・23日に開催予定「昭和新山国際雪合戦」の中止を決定したそうです。

会場
北海道壮瞥町昭和新山山麓
期間
2月22日・23日(例年2月下旬)
お問い合わせ
0142-66-2121(昭和新山国際雪合戦実行委員会)

日本古来の遊び「雪合戦」にルールをつけた、冬のスポーツ。北国の冬を元気にしようと町民が、東南アジアからの観光客が雪と遊ぶ姿をヒントに、雪合戦をイベント化するアイデアが浮上し、考案した冬のニュースポーツ「雪合戦」は、いまや壮瞥発の「YUKIGASSEN」として世界共通語になっています。毎年2月、予選を勝ち抜いたさまざまな地域の約150チームが“聖地”と呼ばれる昭和新山のふもとに集い、熱いバトルを繰り広げます。

www.yukigassen.jp

ランタン祭り&スターフェスタin あつま(厚真町

会場
こぶしの湯あつま周辺
(〒059-1605 北海道勇払郡厚真町字本郷229-1)
期間
例年2月上旬
お問い合わせ
電話:0145-27-2486(ランタン祭り実行委員会)

メイン会場を中心に町内を無数のアイスキャンドルが彩る他、「ラーメン早食い競争」や「お菓子掴み取り」などのイベントも行われ会場を盛り上げます。さらに、まつり名物「ジンギスカンのランタン焼き」別名「しばれ焼き」とも呼ばれ、寒い夜空のもとでランタンを見ながら熱々のジンギスカンを味わえます。「スターフェスタin あつま」も同時開催され、毎年恒例になった「巨大干支文字焼き」と、冬の夜空を彩る約2000発打ち上げ花火を楽しめます。会場では、餅まきや振る舞い酒などのイベントもあり、毎年多くの観光客でにぎわいます。

 冬の北海道での楽しみがぎゅっと詰まった催しが目白押しの地域です。寒い北海道を満喫した後は温泉で体の芯から温まってください。