もっともっと北海道~もっと知りたい知ってほしい北海道

北海道観光はじめ、北海道に関することを紹介しています

江戸時代から伝わる文化「姥神大神宮渡御祭と江差追分」(北海道遺産)

江差には、旧幕府軍船・開陽丸をはじめ、歴史的な見どころが点在しています。そんな江差の北海道遺産が「姥神大神宮渡御祭と江差追分」です。

神大神宮渡御祭

江差町は江戸時代からニシン漁で栄え、「江差の春は江戸にもない」と言われるほど栄華を極めました。当時から育まれてきた文化を伝えたいと、姥神大神宮渡御祭は1644年に始まったと伝えられています。毎年8月9日~11日に行われ、その期間中は帰省した江差出身者や観光客などで、町の人口は何倍にも膨れ上がります。蝦夷地最古の祭りとして知られ、はるか遠い江差のニシン景気を現代に伝える夏の大祭です。3基の神輿が練り歩く神事と、各町内自慢の山車(やま)13台が、京都・祇園際の流れを汲むという、流暢な祇園囃子の調べにのって町内を練り歩きます。370年余の伝統が、今も魂に宿り肉体を鼓舞させます。 

江差追分

先人たちの様々な苦労が染みつき、独特の郷愁をそそる江差追分。そのルーツには諸説あるものの、よく言われているのが、250年ほど前、信州中山道の馬子たちに唄われていたものが越前へ渡り北前船で運ばれ、江差へと伝わったというものです。江差にもともとあった歌と合い、歌い継がれながら変遷し、独特の哀調を帯びたものとなり今の「江差追分」となりました。

江差の見どころ

江差追分会館

江差追分の実演に触れることができます。また、館内には姥神大神宮渡御祭で巡行する山車2台も展示されています。

所在地
〒043-0034 北海道檜山郡江差町字中歌町193-3
電話番号
(0139)52-0920
入館料
大人500円 小中高生250円(15名以上の団体は1割引)
※山車会館の拝観込
開館時間
9:00~17:00

旧中村家住宅

 

江戸末期から明治にかけて建てられたとされる、海産物の仲買で財を築いた近江商人大橋宇兵衛の屋敷。「主屋」「文庫倉」「下ノ倉」「ハネダシ」という4棟が一列に連なっています。当時の代表的な問屋建築で、昭和46年に国の重要文化財に指定されています。昔の生活道具などが展示されています。

所在地
〒043-8560 北海道檜山郡江差町字中歌町22
TEL/FAX
0139-52-1617
入館料
個人:大人300円/小中高100円
団体(5名以上):大人270円/小中高90円
※「旧中村家住宅」「旧檜山爾志郡役所」「旧関川家別荘」の3施設共通入館券
大人500円/小中高150円(団体割引はありません)
江差町民の方・満70歳以上の方・障がい者手帳をお持ちの方は入館無料です。
開館時間
9:00~17:00
休館日
4月~10月は無休
10月~3月は月曜日・祝日の翌日
年末年始

旧檜山爾志郡役所(江差町郷土資料館)

北海道庁出先機関である郡役所と警察署の業務を執り行なう建物として、明治20年に建てられました。1992年(平成4年)には、道内でただひとつ現存する郡役所として、道指定有形文化財の指定を受け、現在は江差町郷土資料館となっています。

所在地
〒043-0034 北海道檜山郡江差町字中歌町112
TEL/FAX
0139-54-2188
入館料
個人:大人300円/小中高100円
団体(5名以上):大人270円/小中高90円
※「旧中村家住宅」との共通入館券
大人500円/小中高150円(団体割引はありません)
江差町民の方・満70歳以上の方・障がい者手帳をお持ちの方は入館無料です。
開館時間
9:00~17:00
休館日
4月~10月は無休
10月~3月は月曜日・祝日の翌日
年末年始