もっともっと北海道~もっと知りたい知ってほしい北海道

北海道観光はじめ、北海道に関することを紹介しています

北海道弁~知らなかった北海道弁とは

北海道に住んでいると、自分で使っている言葉が標準語だと思っているから北海道弁だってわからないんです。

社会に出て道外の人と接して初めて知った北海道弁について紹介します。

食べ物

おつゆ」→お味噌汁やお吸い物まとめておつゆと言います。どちらかというとみそ汁の事みたいですが我が家では両方「おつゆ」と言っていました。

とうきび」→とうもろこしのこと。私はとうきびが一般的で、トウモロコシは丁寧な言い方だと思っていました。チョコレートをチョコというように
生寿司」→なまずしと読みます。もちろん道民にとっては握りずしの事。「きずし」なんて読む人はいないでしょう。北海道以外で通じないなんて実は今も信じられません。
カスベ」→北海道でしか食べられないの?実はエイの事なんですが北海道はカスベという食べ物です。「カスベの煮凝り」一度食べていただきたい。
あきあじ」→鮭の事です
かんかい」→氷下魚(こまい)の干物
こっこ」→魚卵のこと。動物の子供の事もまれに言います。

感触

いずい」→痛いほどではないけどちょっと変。「目にゴミが入っていずい」ちょっとしぶしぶする程度かな?
あずましくない」→居心地がわるいことで居心地の良いときに「あずましい」と使う人も多少いますが、一般的には否定形でのみ使われます。
こちょばい」「もちょこい」→くすぐる時はこちょばす。くすぐったい時は「こちょばい」「こちょばしい」「もちょこい」と表現します。

「ゆるくない」→文字通り、つまり「きつい」こと。「今月はゆるくないから(家計がきつい)、倹約しよう」とか「ゆるくない(体がきつい)から休もう」など

あいさつ

おばんです」→「こんばんわ」

行動(動詞)

かる」→「鍵かった?」お出掛けのときの確認文句です。「鍵かけた?」とは今でも言いません。しみついてます。

~さる」→「書かさる」とか「押ささる」とか意図していないのにというより、偶然そうなってしまったときにこういう表現をします。鉛筆と紙が触れてしまって紙に線がついたとき「書かさった」と言います。道外の人はこういう時どう言うのでしょうか?
~すれ」→「寝れ」「食べれ」のように命令形の言葉。どちらかというと男言葉で昔は父親からよく言われていました。
うるかす」→水につけてふやかすこと。「(ご飯茶碗などに)食べ物がこびりついて取れないからうるかしといて」というように使います。干しシイタケを戻すときにも「椎茸うるかしといて」と言われます。
おっちゃんこ」→大人が子供に対して座りなさいという時に使います。「ここにおっちゃんこして」というように。
かぜて」→仲間に入れてという意味。みんなで鬼ごっこしているときに「かぜて」と言って仲間に入れてもらい、一緒に鬼ごっこします。
かっちゃく」→ひっかくことやたんに掻くこと。「喧嘩した時にかっちゃいた」とか「かさぶたかっちゃいたら治んないよ」というように使います。
かまかす」→かき混ぜること
けっぱる」→そこまで頑張らなくてもいい時は「けっぱる」と表現します。頑張るよりも少し柔らかいイメージで「けっぱれ」と言います。
ばくる」→とりかえる
つっぺかる」→鼻血がでたら「つっぺかっておけ」と言われました。鼻にティッシュを詰めてふさぐことです。

「まてい(まて)」→丁寧なこと。作業に対して誉め言葉で使うことが多く、ただ丁寧なだけではなくきめ細かく丁寧なことを言います。「まていに作ってるね。」とか「まていな仕事だね。」という表現をします。

名詞

観楓会」→全国的にはこれ無いようですね。知りませんでした。

ガス」→「霧」のことで「今日はガスかかってて運転しずらかった」

「だら銭(だらせん)」→「小銭」のことで「だら銭あるかい?」と聞かれたら「小銭ありますか?」という事です。

サビオ→北海道人は切り傷にサビオを貼ります。どのメーカーのどの商品もすべて「サビオ」で済ませます。決して「サビオ」という商品を貼るのではありません。絆創膏すべてを「サビオ」という表現で済ませているのです。

その他

あめてる」→食べ物が痛んでいることでにおいにも使います。「あめた臭い」

おがる」→成長したこと。植物が立派に成長したときなど「よくおがった」と言います。

いたましい」→もったいないこと「こんだけ残したらいたましいから食べちゃいなさい」と、よく言われました。

なんもだよ」→そんなことないよ

いいっしょ」→いいでしょう(自慢げ)

がさい」→商品があまりよくないときに使います。不良とは言いませんががっかりと言ったときに「これがさかったわ」というように。カッコ悪い時にも使います。例えば野球で空振りした時「がっさー」と言ってけなします。けっこういろいろな場面で学生など若者言葉でもあります。
くまる」→絡まること。「髪の毛くまってとれない」というように使います。
げっぱ」→最下位「運動会げっぱだったー(泣)」
こったら」→こんなにという男言葉「こったらべっちょじゃ足りないべや」とか「こったらべっこでどうすんだ」という感じで使われます。ちなみに文句をいう時に使う表現で「こんなに少なくてどうしたらいいの?」と言う事です。

北海道では意味が違う

「こわい」→北海道では疲れたことを「こわい」といい、恐いことは「おっかない」と言います。特に年配の人は良く使います。

「汽車」→北海道では電車という言葉を使う人はあまりいません。レールの上を走るのはすべて汽車です。北海道人の移動手段は船か汽車か飛行機です。他は車かバス。

「きかない」→やんちゃで気が強いこと。誉め言葉としては使われません。

「はく」→手袋も靴下も両方ともはくんです。ついでにタイヤもはきます。タイヤ交換した時など「タイヤ履き替えた」と言います。

まとめ

北海道民北海道弁と分かっているものもありますが、実は北海道弁だって気づかずに(自分では標準語を使っているつもりで)います。「めんこい」とか「なまら」など方言だとわかっているものもありますが、知らずに使っている北海道弁は結構あると思います。「え?」と聞き返されたこともありましたから。

今でも知らずに北海道弁を標準語だと思って使っている気がします。もしこのブログの中で、方言に気が付いた方はご指摘よろしくお願いいたします。

補足

面白そうな本がありました。この本を書いたのは「ふらのまちづくり(株)」の代表取締役社長である西本 伸顕さんです。早稲田大学卒後、株式会社リクルートで学校関係の広報の仕事を5年間務め、家業の青果卸会社(株)北印を継ぐためUターン。現在、(株)北印代表取締役社長・ふらのまちづくり(株)代表取締役社長・ふらの演劇工房・富良野塾・インターネット富良野・ラジオふらのなど、富良野のまちづくりに深く関わっています。フラノマルシェの立役者でもあります。

フラノマルシェについての紹介記事はこちらです。

goldsky.hatenablog.com