もっともっと北海道~もっと知りたい知ってほしい北海道

北海道観光はじめ、北海道に関することを紹介しています

上川地方の市町村~北海道のまんなか

f:id:Goldsky:20191011234549j:plain

ケンとメリーの木(美瑛町

ここには「大雪山国立公園」など4つの自然公園があります。層雲峡や天人峡など歴史のある温泉観光地があり、豊かな観光資源があります。天塩川流域の豊かな自然や農村風景を背景に参加・体験型の観光開発が進められ、ラベンダーと丘の風景で、テレビや映画のロケなども行なわれています。また、アウトドアスポーツなど自然を活かした体験観光も盛んに行われています。交通の拠点は旭川空港など、旭川市近郊となるでしょう。

旭川市(アサヒカワシ)

北海道第2の都市で、周囲には雄大大雪山連峰や十勝岳連峰という大自然に囲まれているため、四季折々の表情を日常的に感じることができます。建設業、製造業、家具、木工クラフトなどの産業が発展しているほか、農業や、周りに海がないにもかかわらず、道北の物流拠点であることから水産物にも恵まれています。

移住定住支援情報など

旭川市の移住に関するページはこちらです。https://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/1400/ijyu/index.html

移住に関する旭川の取り組み

移住相談会・イベント
市では東京、大阪、名古屋など大都市圏で開催される移住相談会へ年に数回参加し、移住を検討している人の相談に応じ、仕事のこと、暮らしのこと、生活設計のことなどの相談に答えてくれます。
移住体験ツアー
旭川市では、旭川への移住や暮らしに関心のある人を対象に移住体験ツアーを実施しています。
旭川移住促進協議会の設置
移住を考えている人への補助活動を目的として、旭川移住促進協議会が設立されています。

旭川市のみどころ

旭山公園の桜・神楽岡公園・あさひかわ北彩都ガーデン・ミズバショウ群生(春光台公園)・北邦野草園・プラタナス並木・旧第七師団覆馬場・三浦綾子記念文学館旭川市博物館・井上靖記念館・北鎮記念館・旭川市科学館 サイパル・川村カ子トアイヌ記念館・旭川兵村記念館 他

イベント

  • 旭川冬まつり(2月上旬)
  • 買物公園まつり(毎年6月下旬頃)
  • 永山屯田まつり(7月下旬)
  • 石狩川フェスティバル(7月中旬)
  • ホタル祭り in 西神楽(毎年7月末〜8月上旬)
  • 旭川夏まつり(8月上旬)
  • 銀座七夕まつり(8月上旬〜中旬頃)
  • 花火 in KAGURA(8月14日)
  • こたんまつり(秋分の日)
旭川市役所
〒070-8525 北海道旭川市6条通9丁目
代表電話番号 0166-26-1111

名寄市(ナヨロシ)

もち米は日本一の作付面積、アスパラガスは北海道有数の作付面積・収穫量を誇る農業を基幹産業とする名寄市は、北海道の北に位置し、天塩川名寄川が合流しています。冬場の冷え込みが厳しく、2月の極寒期には、-30℃まで下がることもあります。夏場は、日中30℃を超える日も多くありますが、朝晩は涼しいので過ごしやすいでしょう。

移住定住支援情報など

名寄市では名寄市移住促進協議会が運営するサイトがあります。

http://nayoroiju.com/

名寄市移住促進協議会

(事務局:総合政策部総合政策課(名寄庁舎))

〒096-8686 北海道名寄市大通南1丁目1番地
[営業時間] 9:00~17:00 [定休日]土日・祝日
TEL:01654-3-5771(直通) / FAX:01654-2-4614

名寄市のみどころ

北海道立サンピラーパークのひまわり畑・北国博物館・なよろ市立天文台『きたすばる』・天塩川・比翼の滝・晨光の滝・ナイオロップの滝・名寄教会・日進湖畔・智恵文沼 他

イベント

  • なよろアスパラまつり(例年5月末) 
  • ふうれん白樺まつり ( 毎年6月第3日曜日)
  • てっし名寄まつり (7月下旬)
  • なよろひまわりまつり  (8月上旬)
  • 風連祭(例年8月1~2日)
  • 名寄祭(例年8月4~6日)
  • 名寄祭(例年8月)
  • 風連ふるさとまつり(例年8月中旬) 
  • なよろ産業まつり (例年8月下旬)
  • よろーな秋の収穫祭 (10月予定)
  • 地産地消フェアinなよろ(例年11月頃 )
  • なよろ雪質日本一フェスティバル (例年2月上旬~中旬 )
  • 北の天文字焼き (例年2月上旬~中旬)
  • ふうれん冬まつり(例年2月上旬~中旬 )
名寄市役所
〒096-8686 北海道名寄市大通南1丁目1番地
代表電話番号 0166-26-1111

富良野市(フラノシ)

富良野市は、上川管内の南部に位置し、大雪山系と夕張山系に囲まれ、北海道のほぼ中央にあたります。市域の約7割を山林が占め、基幹産業は農業ですが、就業者数は減少傾向にありますが、観光関連の割合は増加しています。気温の日較差や年較差が大きく、降雪期間は11月中旬から4月上旬までで、積雪は約1m位ですが、山間部では2~3mにも達します。

移住定住支援情報など

富良野市には移住関連サイト「北海道富良野市移住促進情報リビング・フラノ」があります。

https://furano-iju.com/

移住者の声や富良野での暮らしなど詳しくわかる内容となっています

富良野市のみどころ

風のガーデン麓郷展望台・朝日ヶ丘公園・鳥沼公園・富良野市博物館・へそ神社 他

イベント

  • ふらのワインぶどう祭り(9月) 
  • ふらのチーズ祭り ( 9月)
  • ふらのスキー祭り (2月初旬)
  • 北海へそ祭り
富良野市役所
〒076-8555 北海道富良野市弥生町1番1号
代表電話番号 0167-39-2300 

士別市(シベツシ)

士別市は、北海道北部の中央に位置し、天塩岳天塩川の源流域を有する水と緑豊かな田園都市です。四季の変化がはっきりとし、5月から9月上旬までは比較的高温多照に恵まれますが、気温の日較差や年較差が大きく、11月中旬頃から降り始める雪は、平地でも1m、山間部では2mを超えるなど、積雪寒冷な豪雪地帯でもあります。農林業を基幹産業として発展してきましたが、近年は人口の減少と少子高齢化が進んでいます。そこで、定住促進に努めるとともに、合宿や自動車等の試験研究、観光・レジャーなどによる交流人口を増やす取り組みを進めてきました。

移住定住支援情報など

士別市の移住に関するサイトはこちらです。2020年3月30に開設されました。

http://tesio.net/shibetsu-iju/

士別市移住ナビデスク
士別市役所 創生戦略課  TEL.0165-26-7813(直通)

士別市のみどころ

ほたるの里・満天の星の丘・祖神の松 他

イベント

士別市役所
095-8686 北海道士別市東6条4丁目1番地
電話: 0165-23-3121(代表)
開庁時間 8時30分~17時15分(土曜・日曜・祝日、年末年始を除く)

鷹栖町(タカスチョウ)

広々とした田園風景、雄大大雪山十勝岳連峰を一望でき、中心部を石狩川に注ぐオサラッペ川が貫く鷹栖町は、品質・収穫量とも道内屈指の稲作、付加価値の高いきゅうりの生産など、もともと良品質な農産物の供給地帯でもあり、さらに現在は積極的な企業誘致により、農・商・工一体となった地域複合産業の形成を目指しています。

移住定住支援情報など

鷹栖町の移住に関するサイトはこちらです。

http://www.town.takasu.hokkaido.jp/ijyuu/index.html

町内の求人情報、新規就農情報・空き家・空き地情報や公営住宅、民間アパート情報・鷹栖町へ定住された方の声など紹介しています。

鷹栖町のみどころ

パレットヒルズ・北野神社・丸山句碑の森・メロディー橋 他

イベント

  • さくらフェスタ(5月)
  • たかす熱夏フェスタ(8月)
  • タカスノーランドinパレットヒルズ(3月)
鷹栖町役場
〒071-1292 北海道上川郡鷹栖町南1条3丁目5番1号
電話:0166-87-2111 FAX:0166-87-2196

東神楽町(ヒガシカグラチョウ)

大雪山連峰のふもとに広がる上川盆地の肥沃な土壌は、北海道の米の主産地として道内外に知られています。東神楽町はこの上川盆地にあり、米や野菜を中心とした農業が盛んです。商工業では、家具生産が盛んで、工業団地内では食品加工や木工・クリーニング業などさまざまな事業所が営業しています。昭和40年代から『花のまちづくり』が進められ、現在に至るまで花のまちづくりに関するコンクールで数多くの賞を受賞しています。 

移住定住支援情報など

東神楽町の移住に関するページはこちらです。

https://www.town.higashikagura.lg.jp/docs/739.html

空き地・空き家情報や未来につなげる「住まいの輪」促進事業など紹介しています。

東神楽町のみどころ

「花の町」東神楽は町全体に見どころがあります。季節ごとに咲く花を町のいたるところで見ることができます。

イベント

  • ひがしかぐらウィンターフェスティバル(2月上旬)
  • フラワーフェスタ(6月下旬)
  • ひがしかぐら花まつり(8月上旬)
東神楽町役場
〒071-1592 北海道上川郡東神楽町南1条西1丁目3番2号
代表電話:0166-83-2111 ファックス:0166-83-4180

当麻町(トウマチョウ)

北海道でも有数の農村地域で、面積の65%が森林という豊かな自然に囲まれた町です。農産物では、全国的にも有名な「でんすけすいか」をはじめ、「日本一」との市場の高い評価と信頼を受ける夏バラ「大雪の薔薇」などがあります。また未来の森林を作るため、木を伐り、植え、育てるという活動をしていて、伐った木は町内の住宅や公共施設などに有効活用されています。

移住定住支援情報など

当麻町の移住に関するページはこちらです。

http://www.town.tohma.hokkaido.jp/about-tohma/ijyuusoudan/

当麻町に住むのに必要な情報を紹介しています。

当麻町のみどころ

当麻鐘乳洞・昆虫館パピヨンシャトー・くるみなの庭・くるみなの木遊館・ヘルシーシャトー 等

イベント

  • 当麻スカイスポーツフェスタ(7月下旬)
  • 蟠龍まつりinとうま(8月第1日曜日)
  • 子ども盆踊り・仮装盆踊り大会(8月中旬)
  • とうま新米・新そばまつり(10月第1日曜日)
  • 当麻町生涯学習フェスティバル(11月3日)
  • キャンドルライトフェスティバル(2月上旬)

当麻町役場
〒078-1393 北海道上川郡当麻町3条東2丁目11番1号
TEL:0166-84-2111 FAX:0166-84-4883

比布町(ピップチョウ)

雄大な大雪連峰東南、上川盆地の北東部にあり、約半分は山林で、石狩川、比布川、蘭留川、比布ウッペツ川などの流域一帯に、上川地方有数の米生産地が形成されています。比布町は、スキーといちご、そして「世界一大雪山がきれいに見えるまち」と謳っています。

移住定住支援情報など

比布町のトップページに「移住・定住支援」のバナーがあります。

http://town.pippu.hokkaido.jp/cms/section/soumu/i9kb6d0000008ds9.html

比布町の住宅情報や就職情報・子育て応援情報などがあります。

比布町のみどころ

突哨山・駒止めのナラ・八坂公園・村上山公園・北嶺山頂上・展望台いいながめ台・郷土資料館・JR比布駅・比布神社・比布大雪PA交流展望広場・ぴぴの路 等

イベント

  • 比布神社例大祭(毎年8月1日)
  • ぴっぷ七夕天国(毎年8月7日)
    納涼祭〜仮装盆踊り大会〜(毎年8月18~19日)
  • ぴっぷ駅まるしぇ(毎年9月中旬)

比布町役場

〒078-0392 北海道上川郡比布町北町1丁目2番1号
電話:0166-85-2111 ファックス番号:0166-85-2389

愛別町(アイベツチョウ)

愛別町は、北海道のほぼ中央に位置する上川盆地の東北端、北海道の屋根と呼ばれる雄大大雪山連峰の麓にあります。東方に旭岳を中心とする大雪山連峰、東南方に東山と伊香牛山、東北方に天塩岳山麓にあたる辺見山と丸山、そして北方には大正山、西方に班渓山 と、周囲を山に囲まれ、石狩川と愛別川、その支流のパンケ川、狩布川、パンケメムナイ川など54本の本支流が町内を流れ、これらの自然が土地を潤しています。きのこ栽培や肉牛などの畜産の導入により地域産業は伸長し、農業の町として躍進をを続けています。

移住定住支援情報など

愛別町には移住に関するページは見当たりませんが、愛別町振興計画の重点プロジェクトとして「定住・移住促進プロジェクト」がありますので、移住の受け入れには積極的だと思います。

移住関連窓口は

愛別町総務企画課政策企画室政策企画係
TEL:01658-6-5111(内線218
FAX:01658-6-5110

となっています。

愛別町のみどころ

総合スポーツ公園・農村公園・石狩川親水緑地公園・あいべつリバーフロントパーク・蔵KURARAら・百田宗治詩碑・中井延也・石垣山・蓬莱山 等

イベント

  • 桜まつりビールパーティー(5月中旬)
  • 音楽行進(6月26日)
  • 石垣山観光まつり(7月上旬)
  • あいべつ夏まつり( 8月14日)
  • きのこの里フェスティバル(9月第2日曜日)
  • 町民文化祭(10月下旬~11月上旬)
  • 雪中ソフトボール大会(3月第1日曜日)

愛別町役場
〒078-1492 北海道上川郡愛別町字本町179番地
電話.01658-6-5111 FAX.01658-6-5110

上川町(カミカワチョウ)

北海道のほぼ中心部に広がる大雪山国立公園の北方部に位置する上川町は、今なお原始の面影を残す大雪山連邦の自然を背景に、層雲峡温泉をはじめ、愛山渓温泉、高原温泉など3つの温泉卿を有します。観光名所が豊富な自然環境に恵まれ、四季の変化に富み、夏は冷涼で過ごしやすく冬はスキー・スケートなどウインタースポーツが盛んなまちです。気侯は内陸型で寒暖の差が大きく、最深積雪は93センチメートルです。

移住定住支援情報など

上川町のトップページに「かみかわ町の紹介」のバナーがあり、移動先のメニューに「移住・定住情報」があります。

https://www.town.hokkaido-kamikawa.lg.jp/section/sangyoukeizai/iju.html

移住・定住情報のページでは移住に関する情報や上川町の情報が紹介されています。

上川町のみどころ

層雲峡温泉愛山渓温泉・高原温泉・層雲峡ビジターセンター・層雲峡黒岳ロープウェイ・層雲峡・滝ミンタラ(「流星・銀河の滝」複合施設)・大雪森のガーデン・大雪展望台(エスポワールの鐘)・北の森ガーデン(アイスパビリオン・くま牧場) など

イベント

上川町役場

〒078-1753 北海道上川郡上川町南町180番地
電話:01658-2-1211 ファックス番号:01658-2-1220

東川町(ヒガシカワチョウ)

北海道のほぼ中央に位置する「写真の町」東川町は、大雪山の雪解け水が、長い年月をかけてゆっくりと地中深くにしみ込み、運ばれてくるため、地下水を生活水として利用しており、北海道でも唯一の上水道の無い町です。気候は、上川の内陸盆地に位置するため、四季の移り変わりがはっきりしています。また、1985年に世界にも類のない「写真の町」宣言もしています。

移住定住支援情報など

東川町のトップページに「美しく生きる(移住定住サイト)」のバナーがあり、移動先のメニューに「移住・定住情報」があります。

https://higashikawa-town.jp/settledown

また、東川町のトップページに「東川町に住んでみませんか」のバナーもあり、こちらも参考にしてください。

https://town.higashikawa.hokkaido.jp/settlingdown/

東川町のみどころ

旭岳・天人峡・羽衣の滝・滝見台・忠別湖・キトウシ など

イベント

  • 旭岳 山の祭り 【ヌプリコロカムイノミ】(毎年6月第3週土曜日)
  • 写真甲子園(毎年7月下旬の4日間)
  • 大雪旭岳SEA TO SUMMIT(毎年8月第3週目週末開催予定)
  • 秋の暮らし楽しくフェスティバル(例年9月第1週目週末)
  • 層雲峡氷瀑まつり(1月から3月)

東川町役場

〒071-1492 北海道上川郡東川町東町1丁目16番1号

TEL:0166-82-2111/FAX:0166-82-3644

美瑛町(ビエイチョウ)

美瑛町は、「丘のまちびえい」と呼ばれ、大雪山国立公園十勝岳連峰の裾野から、なだらかに丘が広がる景観が魅力となっています。寒暖の差が激しく、四季がはっきりしています。夏は、30度を超えることもありますが朝夕は涼しく過ごしやすく、冬はマイナス20度以下になることもあります。ただ、この寒さは、きらきら輝くダイヤモンドダストを見るチャンスでもあります。

移住定住支援情報など

美瑛町のトップページに「美瑛町で暮らしたい」のバナーがあり、移動先に「移住・定住情報」があります。

http://town.biei.hokkaido.jp/move/

美瑛町の魅力を知ることができます。

 美瑛町のみどころ

十勝岳望岳台・四季彩の丘・白金青い池・白ひげの滝・聖台ダム公園・千代田の丘展望台・三愛の丘展望公園・新栄の丘展望公園・憩ケ森展望公園・四季の塔・北西の丘展望公園・ぜるぶの丘・セブンスターの木・ケンとメリーの木 など

イベント

  • 桜まつり(5月)
  • 丘のまちびえいヘルシーマラソン(6月)
  • 那智・美瑛火祭り(7月24日)
  • びえい出会いふれあい祭り(8月)
  • どかんと農業まつり(8月)
  • 丘のまちびえいセンチュリーライド(9月)
  • 町民文化祭(11月)
  • 丘のまちびえい宮様国際スキーマラソン(2月)
  • いきいきフェスタ(3月)

美瑛町役場

〒071-0292
北海道上川郡美瑛町本町4丁目6番1号
(開庁時間 8:30~17:15)

電話 0166-92-1111 (代表)
FAX 0166-92-4414

南富良野町(ミナミフラノチョウ)

北東には、大雪山系十勝岳、南は日高山脈、西は芦別岳、夕張岳を主峰とする夕張山脈が南北に縦走するなど、四方が山に囲まれ、東西に貫流する空知川に沿って、集落が形成されています。約9割が森林地帯で、四季がはっきりしています。

移住定住支援情報など

南富良野町のトップページに「移住定住情報」のメニューがあり、移動先に「移住・定住情報」があります。

https://www.town.minamifurano.hokkaido.jp/migration-info/

南富良野町のみどころ

ラベンダー園・ぽっぽや(JR幾寅駅)・狩勝峠 など

イベント

  • 湖水まつり(7月)

南富良野町役場

〒079-2402 北海道空知郡南富良野町字幾寅867番地

TEL: 0167-52-2112(総務課) FAX:0167-52-2922

上富良野町(カミフラノチョウ)

ラベンダーで有名な上富良野町は、本町が内陸部に位置し、周囲を山に囲まれているため、気温の格差が大きい内陸性気候で、夏の最高平均気温が26℃前後、冬の最低平均気温は-15℃前後となります。積雪量は平坦部で約1m、山間部では2~3mに達します。豊かな自然環境の中で、いつまでも健康で心豊かに、いきいきと暮らすために、健康長寿のまちを目指し「健康づくり推進のまち」を宣言しています。

移住定住支援情報など

上富良野町のトップページのバナーメニューに「移住相談」のバナーがあります。

http://www.town.kamifurano.hokkaido.jp/index.php?id=853

上富良野町移住ガイド「かみふ暮らし はじめよう」と題してPDFがありますのでこれを読んでみると良いでしょう。

上富良野町のみどころ

トリックアート美術館・フラワーランドかみふらの・土の館 ・後藤純男美術館・ファーム富田ラベンダーイースト・日の出ラベンダー園・十勝岳ラベンダーロード・上富良野町開拓記念館・上富良野町郷土館・かみふらの見晴台情報ステーション・上富良野神社 など

イベント

  • 北の大文字(1月1日)
  • かみふらの雪まつり(2月)
  • 十勝岳山開き(6月)
  • 花と炎の四季彩まつり(7月)
  • 十勝岳紅葉まつり(9月)

上富良野町役場

〒071-0596 北海道空知郡上富良野町大町2丁目2番11号

中富良野町(ナカフラノチョウ)

ラベンダーの香るまち「中富良野町」は穏やかでゆっくりとした空気が流れている町です。盆地の中央部は豊かな農業地帯となっており、肥沃な大地からメロン、玉ねぎ、アスパラ、じゃがいも、スイートコーンや、クリーン米などが生産され、北国の農産物の宝庫といわれています。

移住定住支援情報など

中富良野町のトップページに「移住定住子育て支援」のバナーがあります。

http://www.town.nakafurano.lg.jp/hotnews/detail/00001408.html

南富良野町のみどころ

NANAKAの花畑・ファーム富田・北海道風景画館・なかふらのフラワーパーク・北星山ラベンダー園/北星山スキー場・中富良野神社 など

イベント

  • なかふらのラベンダーまつり&花火大会(7月)
  • なかふらの納涼まつり(8月)
  • 雪だるまづくりコンテスト&冬イベント(2月)

中富良野町役場

〒071-0795 北海道空知郡中富良野町本町9番1号
TEL:0167-44-2122 ・ FAX:0167-44-2127

占冠村(シムカップムラ)

上川管内の最南端に位置する占冠村は、総面積の94%が山林という村です。 冬寒く、夏涼しい、季節の移り変わりが肌でかんじられる自然いっぱいの場所です。大型リゾート施設「トマムリゾート」のある村です。

移住定住支援情報など

占冠村のTOPページの「たのしむかっぷ」のバナーをクリックしてその先のページのメニューバーの「移住定住」をクリックします。

http://www.vill.shimukappu.lg.jp/shimukappu/tanoshi/nmudtq0000001ytv.html

占冠村の魅力を感じてみてください。

占冠村のみどころ

鵡川源流・赤岩青巌峡・鬼峠・雲海テラス・アイスビレッジ 他

イベント

  • 占冠ふるさと祭り ( 8月の第1土日)
  • 占冠紅葉まつり(10月上旬の日曜日 )
占冠村役場
〒079-2201 北海道勇払郡占冠村字中央
電話:0167-56-2121
一般的な業務時間:8時30分~17時15分 (土日祝日および年末年始はお休み)

和寒町(ワッサムチョウ)

名寄盆地の最南端、塩狩峠の麓に広がる和寒町の基幹産業は農業で、カボチャや、雪の下で甘味を増したキャベツ「越冬キャベツ」が、広く知られています。

移住定住支援情報など

和寒町のTOPページのメニューバーに「移住情報」があります。

https://www.town.wassamu.hokkaido.jp/affairs/city-building/why-live-2/

ちょっと暮らしを中心とした案内となっています。

和寒町のみどころ

南丘森林公園・夫婦岩・こどもの国・かたくり園・ふれあいのもり・塩狩峠記念館(三浦綾子旧宅)・長野政雄遺徳顕彰碑・塩狩峠一目千本桜 他

イベント

  • 三笠山夜桜まつり (5月)
  • どんとこい!わっさむ夏まつり(7月)
  • パンプキンフェスティバル(10月)
  • 極寒フェスティバル(2月)
和寒町役場
〒098-0192 北海道上川郡和寒町字西町120番地
TEL 0165-32-2421(代表)
FAX 0165-32-4238

剣淵町(ケンブチチョウ)

名寄盆地にあり、中央部を天塩川の支流剣淵川が流れ、その流域は農業に適した平地となり、東と西の両側は丘陵地帯となっています。夏期は比較的高温多照に恵まれ、晩夏から秋期にかけては曇の日が多く、冬は雪が多く寒さが厳しい地域です。剣淵町は「絵本の町」づくりに力を入れています。

移住定住支援情報など

剣淵町のTOPページに「移住情報」のバナーがあります。

https://www.town.kembuchi.hokkaido.jp/kurashi/%e3%81%be%e3%81%a1%e3%81%a5%e3%81%8f%e3%82%8a/%e4%bd%8f%e3%81%be%e3%81%84%e3%81%ab%e9%96%a2%e3%81%99%e3%82%8b%e3%81%93%e3%81%a8/settlingdown/

剣淵町移住ガイド」をダウンロードしてみてください。

剣淵町のみどころ

絵本の里家族旅行村 ムーニャの散歩道・桜岡湖・ビバアルパカ牧場・剣淵町観光交流センター(剣渕商工会館)・北剣淵駅・東六線駅・深川林地・西岡ダム・剣淵町郷土資料館・丸山神社・元屯田兵射的場・眺望の丘バス停・剣淵神社・桜岡公園・カタクリ群生地 他

イベント

  • 剣淵神社祭典(7月12日)
  • けんぶち桜岡湖水まつり(8月第1日曜)
  • 絵本の里けんぶち夏まつり(8月下旬)
  • 絵本の里けんぶちスノーフェスタ(2月中旬)
  • けんぶち絵本まつり(2月中旬~3月中旬)
  • けんぶち桜まつり・艇庫開き(5月中旬)

剣淵町役場

〒098-0392 北海道上川郡剣淵町仲町37番1号

TEL:0165-34-2121(代表) 0165-34-2590(FAX)

開庁時間: 8:15~17:00

下川町(シモカワチョウ)

気候は大陸的様相を呈し、夏季は比較的高温であるため、その立地条件を生かし稲作と酪農を中心とした農業生産が進められてきました。フルーツトマト、スナップエンドウ、キヌサヤエンドウ、グリーンアスパラガス、ホワイトアスパラガスは、北海道有数の産地として生産拡大が図られています。

移住定住支援情報など

下川町の移住情報は見当たりませんでしたが、農業に興味がある方はこちらを見てください。

https://www.town.shimokawa.hokkaido.jp/section/2016/05/post-68.html

「下川町で農業しませんか?」と題して、新たに農業を営もうとする方への支援制度を紹介しています。

下川町のみどころ

体験の森・万里長城・ふるさと2000年の森・2000年の森展望台 他

下川町役場

〒098-1206 北海道上川郡下川町幸町63番地
TEL:01655-4-2511 FAX:01655-4-2517
開庁時間 8:30~17:15

美深町(ビフカチョウ)

昔は「ピウカ」(アイヌ語で「石の多い場所」)と呼んでいました。 西方に天塩山地、 東方に函岳を主峰とする北見山地を望む盆地に開けた町で、町内を天塩川が南北に貫いています。天塩川はダムやえん堤の無い中流域の名寄市から河口まで、ノンストップの川下りを楽しめる区間で日本一だそうです。

移住定住支援情報など

美深町のTOPページに「移住関連事業」のメニューバーがあります。

http://www.town.bifuka.hokkaido.jp/cms/visit/qlmcaj00000016h2.html

各種補助・支援制度などご確認ください。

和寒町のみどころ

天塩川・トロッコ王国美深・道の駅「びふか」双子座館・チョウザメ館・びふかアイランド・函岳・雨霧の滝・女神の滝・深緑の滝・激流の滝・高広の滝・松山湿原・ 他

イベント

  • びふかウィンターフェスタ(2月)
  • 美深白樺樹液春まつり白樺サミット (4月)
  • 望の森さくらまつり(5月)
  • 美深ふるさと夏まつり(7月)
  • 美深ふるさと秋まつり(9月)
  • 美深ふるさと子供盆踊り(8月)
美深町役場
〒098-2252 北海道中川郡美深町字西町18番地
電話:01656-2-1611 ファックス:01656-2-1626

音威子府村(オトイネップムラ)

海洋性気候に属し、四方山岳の囲まれた狭隘な盆地的地形のため寒暖の差が激しく、酷暑時期には30度以上を示す事もありますが、酷寒時期には-30度以下になることもあります。道内でも有数の豪雪地帯で降雪量は12mを超えることもあります。北海道一小さい村ですが、村立の工芸科専科の高等学校「北海道おといねっぷ美術工芸高等学校」があります。

移住定住支援情報など

音威子府村の移住情報に関するページは「ちょっと暮らし」しか見当たりませんでした。

http://www.vill.otoineppu.hokkaido.jp/kakuka/chiikishinkou/oshirase/2020-0110-1611-16.html

音威子府村に関してはこちらの記事をご覧ください。

goldsky.hatenablog.com

音威子府村役場
〒098-2501
北海道中川郡音威子府村音威子府444番地1
電話:01656-5-3311

中川町(ナカガワチョウ)

 

北海道の北部に位置し、東に北見山地、西に天塩山地が走っており、この両山地の中央を流れる天塩川とこれに合流する安平志内川流域に沿って南北に細長く拓けています。

移住定住支援情報など

中川町のTOPページに「移住情報」バナーがあります。

http://city.hokkai.or.jp/~kubinaga/iju/iju_top_index.html

NPO法人エコール咲く」は中川町エコミュージアムセンターを母体とした、地域活動や研修施設の運営等を目的として立ち上げられました。このサイトでは移住体験をもとに様々な移住のヒントがちりばめられています。

〒098-2626
北海道中川郡中川町字安川28-9
中川町エコミュージアムセンター内
NPO法人エコール咲く
TEL : 01656-8-5133
FAX : 01656-8-5134

中川町のみどころ

道の駅なかがわ・茂吉小公園・佐久ふるさと伝承館・北海道立総合研究機構林業試験場道北支場・天塩川 他

イベント

  • ゆきあかり (2月)
  • 佐久神社祭(7月)

  •  中川まつり(8月)

  • 佐久ふるさとまつり、盆踊り(8月)

  • なかがわ盆踊り(8月)

  • JA北はるか中川支所ほうねんまつり(8月)

     

  • 秋味まつり(10月) 他
中川町役場
住所:〒098-2892 北海道中川郡中川町字中川337番地
電話:01656-7-2811

幌加内町(ホロカナイチョウ)

 

雨竜第一ダムによって堰き止められたダム湖朱鞠内湖は、常時満水位までの面積が2,373ha(東京ドーム約507個分の広さ)で、人造湖としては日本一の広さを誇っています。周囲を緑の自然につつまれ、自然と豊かに調和した美しい景観で、四季の移り変わりを教えてくれます。

移住定住支援情報など

幌加内町のTOPページのバナーに「幌加内町について」があり、その先に移住定住情報のページへのメニューがあります。

http://www.town.horokanai.hokkaido.jp/ijyu-teijyu

幌加内町のみどころ

朱鞠内湖 (しゅまりないこ)・JR深名線資料館・ポンコタン鉄橋・旧JR深名線 沼牛駅・道の駅「森と湖の里ほろかない」・母子里クリスタルパーク・ふれあいの家まどか 他

イベント

幌加内町役場
〒074-0492
北海道雨竜郡幌加内町幌加内4699番地
0165-35-2121
0165-35-2127

 

この地域は四方が山に囲まれた内陸地帯のため、冬と夏の寒暖差がはげしく、冬は寒く、夏は暑い内陸性気候となっています。そのため冬にはパウダースノーやダイヤモンドダスト、サンピラーといった現象が見られます。農作物は北海道でも豊富な地域となっています。 また、交通の拠点となっている旭川市は、オホーツク海日本海の魚介類が集まるため、内陸にもかかわらず魚が美味しい地域でもあります。